これはうまい!思わず酒もすすむ!?「長カブの切り漬け」☆糀食の美味しい宝もんを発見♪@阿賀町津川の山崎糀屋さん

山崎糀屋・長カブの切り漬け

店舗前@山崎糀屋

昨日は地域再発見講座(第12回)の打合せのため、阿賀町津川の山崎糀屋さんを訪れていました☆ そこで、素晴らしい「阿賀の(美味しい♪)宝もん」と出会いましたので、皆さんにお知らせしますね♪

山崎糀屋1

山崎糀屋の店主の山崎京子さん。いつもお会いすると、糀食に関する新たな知見や魅力的な活用方法を、エネルギッシュに語っていただけます。

山崎糀屋2・甘酒

あったかい甘酒を頂戴しました! 糀の自然な甘みが身体に沁み入ります♪

山崎糀屋3

そして、ご馳走してくださったお料理が、ニシンの糀漬けのもとで漬けた、この「長カブの切り漬け」。これがとんでもなく美味しかったんです!

長カブは山梨や東京で栽培されている野菜ですが、山崎さん曰く阿賀町でも昔から栽培されていたとのこと。それを切ってニシンや人参、大根の葉と一緒に、ニシンの糀漬けのもとで漬けたのがこのお料理。
 
ちなみに長カブですが、味は甘辛くカブに近いけど、触感はカブみたいにクタッとしていなくて、シャキシャキとした歯ごたえ十分な大根の漬物みたい!不思議な味と触感のお野菜でした。
 
ニシンから出た旨味が糀を介して野菜に優しく浸潤して、まろやかな味のハーモニーを醸し出しているのも特徴。1か月ほど経過していて少し酸味が出てきていましたが、これはこれで日本酒に合いそう♪

山崎糀屋4

…で、いつもの悪い癖で、あっという間に食べつくしてしまいました(汗)

山崎糀屋5

こちらはダイコンのナタ漬け。塩に漬けて水だしした後、甘酒に漬けこんだもの。これも不思議とほとんど塩っ気を感じないのに、きちんと漬かっていて野菜の旨味を楽しめます。
 
糀の漬物って塩辛くないし、まろやかな旨味すら感じれて、何だかはまりそうです!(※ちなみにナタ漬けとは、野菜をナタでブツ切りにすることで、野菜の切断面がややつぶれ漬かりやすくなる方法とのこと)

山崎糀屋6・3年寝かせた塩糀

本日の本来の目的はこちらのほう。以前にも紹介した3年寝かした塩糀です。色はお醤油みたく茶色くなっていますが、旨味が濃厚に凝縮された高級調味料♪
 
講座(第12回)in阿賀町チラシ_ページ_1(影付き・縮小)
 
こうした様々な珍しい食材を、地域再発見講座(第12回)の当日に提供する「豪華な粗食弁当“糀”」には、生かしていきたいと考えています!
 
惣菜ダイニング雉や夜弁当2
 
お料理していただくのは、毎回お馴染みの「惣菜ダイニング雉や」さん。
どんな「豪華な粗食弁当」が出てくるのか、今から楽しみです!

◆山崎糀屋

  • 住所:新潟県東蒲原郡阿賀町津川452
  • 営業時間:8時半~18時半
  • 休日:土・日曜を除く6の付く日(6・16・26日)&年始
  • お問合せ:電話0254-92-2030/FAX0254-92-3090


大きな地図で見る

◆惣菜ダイニング雉や


大きな地図で見る

◆山崎糀屋ホームページ
http://www.yamazakikoujiya.com/

◆夜の「雉や」さんで店内食ディナー★★@新潟市中央区(※追記あり)
https://aganogawa.info/archives/14353

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

掲載が大変遅くなってしまい申し訳ありませんが、2018年6月15日の19時~19時半に撮影した瓢湖のあやめ園のライトアップの様子をお届けします☆ だんだんと暮れていく様子をお楽しみください♪(今回も撮影は波多野孝さんです …

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク