2013年12月27日

カテゴリー:つぶやき・お知らせ

阿賀町発酵食文化の再興を目指して@阿賀町津川の山崎糀屋 with 里山げんき倶楽部★

店舗前@山崎糀屋

昨日は、阿賀町総合型地域スポーツクラブ・里山げんき倶楽部の豊島さん&武藤さんと一緒に、阿賀町津川にある山崎糀屋さんにお邪魔していました。
 
実は8月から何度かお邪魔させていただいており、阿賀町発酵食文化の一翼を担う山崎糀屋さん、里山げんき倶楽部さん、それと環境学舎が協働してある取組を進めており、その何度目かの会合でした。

女将・山崎京子@山崎糀屋

山崎糀屋さんの店主・山崎京子さん。とてもパワフルな方で、糀への情熱が全身からたぎっています★ お肌も若々しく、年相応にはまったく見えません!

初めての甘酒@山崎糀屋

里山げんき倶楽部の職員・武藤さんは、なんと甘酒を人生発体験★

初めての甘酒2@山崎糀屋

恐る恐る試飲していましたが、「美味しい~☆」とお気に召した様子でした♪

糀水1@山崎糀屋

さらに、取りだしたのは糀水。お肌にすりこむと良いそうです。

糀水2@山崎糀屋

山崎さんご自身の手も拝見して納得☆ 武藤さん「手がスベスベですっ!」

塩糀うんまいな@山崎糀屋

さらに、少し前に大流行した塩糀・うんまいな
左から「つくりたて」→「二年物」→「三年物」。月日が経つと熟成され、最後は茶色い醤油のような状態に! しかし、恐る恐る舐めさせてもらうと、このタレには複雑な旨みが凝縮されていて、私はノドグロの刺身などにつけて食べたくなりました! それくらいタレ・調味料としては絶品の美味しさで、正直脱帽です…。

糀ソルベ@山崎糀屋

最後に山崎さんが取りだした秘密兵器が、現在試作中の乳を使わない糀100%ジェラート(ソルベ?)です。生きた糀菌をより多く取り込めるため、健康にも良さそうです。今後は果物などをミックスさせると、よりマイルドな味わいになるのではないか…などと皆で作戦会議をしていました。

甘酒@山崎糀屋

何だか最後は糀食フェスティバルのような雰囲気でしたが、本題は何かというと、この甘酒を素材として生かした取組なのです。この詳細は別の記事でご紹介しますね!

記念撮影1@山崎糀屋

最後は山崎さんと武藤さんのツーショットを、里山げんき倶楽部のリーダー豊島さんが撮影する後ろから私もパシャり★ ちなみに、昨日の様子は武藤さんが早速ブログ「里山げんき通信」記事「雪と糀」をアップされていました♪

◆山崎糀屋

  • 住所:新潟県東蒲原郡阿賀町津川452
  • 営業時間:8時半~18時半
  • 休日:土・日曜を除く6の付く日(6・16・26日)&年始
  • お問合せ:電話0254-92-2030/FAX0254-92-3090


大きな地図で見る

◆山崎糀屋
http://www.yamazakikoujiya.com
◆里山げんき倶楽部
http://satoyamagenki.com/
O里山げんき通信ブログ記事「雪と糀」
http://satoyama2012.jugem.jp/?eid=145

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク