2020年12月24日

Akihaもち麦プロジェクト~秋葉区から「秋葉の里 白雪もち麦」の輪を広げよう~をご存じですか?

Akihaもち麦プロジェクト~秋葉区から「秋葉の里 白雪もち麦」の輪を広げよう~」をご存知でしょうか?
アキハスムプロジェクトの一貫で、新潟市秋葉区産「秋葉の里 白雪もち麦」の地域ブランド確立を目指しています!
 

Akihaもち麦プロジェクトホームページより引用)
 

雪国うまれ、秋葉そだち
秋葉の里の肥沃な土壌。
冬になると一面の雪原が広がります。

その雪原の誠実にも見える白さ。
雪下の生命達を優しく覆っています。

その白雪は、もち麦をつくる
私達の気持ちのように見えました。

誠実に、丁寧に。
白雪の元で、私たちと、
私たちの白雪もち麦は育まれています。
Akihaもち麦プロジェクトホームページより引用)

Akihaもち麦プロジェクトホームページでは、新潟市秋葉区産「秋葉の里 白雪もち麦」の魅力や販売店舗などをご紹介しています!ぜひご覧ください♪
 

◆Akihaもち麦プロジェクトホームページ

https://akihasumu.com/mochimugi/mochimugi01/

◆新潟市秋葉区ホームページ

https://www.city.niigata.lg.jp/akiha/torikumi/seisaku/akihamochimugi.html
○秋葉の里 白雪もち麦販売店舗(令和3年3月時点)(PDF:914KB
https://www.city.niigata.lg.jp/akiha/torikumi/seisaku/akihamochimugi.files/20210331_mochimugishop.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク