2020年12月24日

Akihaもち麦プロジェクト~秋葉区から「秋葉の里 白雪もち麦」の輪を広げよう~をご存じですか?

Akihaもち麦プロジェクト~秋葉区から「秋葉の里 白雪もち麦」の輪を広げよう~」をご存知でしょうか?
アキハスムプロジェクトの一貫で、新潟市秋葉区産「秋葉の里 白雪もち麦」の地域ブランド確立を目指しています!
 

Akihaもち麦プロジェクトホームページより引用)
 

雪国うまれ、秋葉そだち
秋葉の里の肥沃な土壌。
冬になると一面の雪原が広がります。

その雪原の誠実にも見える白さ。
雪下の生命達を優しく覆っています。

その白雪は、もち麦をつくる
私達の気持ちのように見えました。

誠実に、丁寧に。
白雪の元で、私たちと、
私たちの白雪もち麦は育まれています。
Akihaもち麦プロジェクトホームページより引用)

Akihaもち麦プロジェクトホームページでは、新潟市秋葉区産「秋葉の里 白雪もち麦」の魅力や販売店舗などをご紹介しています!ぜひご覧ください♪
 

◆Akihaもち麦プロジェクトホームページ

https://akihasumu.com/mochimugi/mochimugi01/

◆新潟市秋葉区ホームページ

https://www.city.niigata.lg.jp/akiha/torikumi/seisaku/akihamochimugi.html
○秋葉の里 白雪もち麦販売店舗(令和3年3月時点)(PDF:914KB
https://www.city.niigata.lg.jp/akiha/torikumi/seisaku/akihamochimugi.files/20210331_mochimugishop.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の新しい展開や価値観を探るために ◆巻頭言:デジタル化と融合したリアルイベントの再開に向けて   今年度も新型コロナウイルスの感染は依然として続いていますが、ワクチン接種等が浸透し、感染のピークを過ぎて減少傾向も …

  新潟県では、新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を進めるプロジェクト(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)を実施しています。 この事 …

カレンダー

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク