2013年11月18日

カテゴリー:未分類

ミニ蒸しかまどお披露目交流ロバダン開催しました!

ご報告がすっごく遅くなってしまいましたが、10月23日(水)の午後、阿賀野川流域の宿泊温泉施設の皆様と交流ロバダンをしました☆
お集まりいただいたのは、阿賀野川エコミュージアム会議メンバーである阿賀町・五泉市・阿賀野市の温泉旅館・宿泊施設の皆さん&行政の皆さん☆
テーマは“「ミニ蒸しかまど」発売記念!秋の阿賀野川流域食材を活かした炊込みご飯試食会”です♪

IMG_9673

度々このブログでもご紹介している「ミニ蒸しかまど」とは…
固形燃料で炊くことができる1合炊きの炊飯器です♪(詳しくはミニ蒸しかまど販売サイト紹介ページへ☆)

IMG_8597

ここに集まられた皆さんは、まだ「ミニ蒸しかまど」で炊いたご飯を食べたことがない皆さんばかり。
今か今かと炊き上がるのを待ちます…(30分で炊き上がりです♪)
いよいよ、お待ちかねの炊きあがったのご飯ですが…

IMG_9684

お米一粒一粒が立っているのがわかるでしょうか?

IMG_9706

さあどんどん炊きあがっていきますが、次は阿賀野川流域の秋の食材の炊き込みご飯です☆
上流域の阿賀町鹿瀬からは「むかごご飯」♪(こんぶも顔を出していますね)

IMG_9834

中流域の五泉市村松からは牧地区の川瀬さん家の栗を使用した「栗ご飯」♪

IMG_9723

最後は、下流域の新潟市北区松浜で獲れた「鮭の炊き込みご飯」♪

IMG_9785

IMG_9734

IMG_9720

会場は、阿賀野川が目の前に広がる五泉市佐取の「咲花きなせ堤河床」♪
お集まりいただいた皆さま、お忙しいところ大変ありがとうございました!
阿賀野川流域のどこかの旅館さんで「ミニ蒸しかまどプラン」が体験できる日を願っています♪♪

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク