GW目前で春本番★阿賀の山奥で山菜を採取してきた!【前編】

2015.4.24トップ画像3
 
日中の最高気温が20℃を超えた昨日の午前中は、6月に開催するイベントで提供予定の「豪華な粗食」で使用する山菜の収穫に行ってきました! 阿賀町の山菜名人で、環境学舎に指導してくださる師匠はお二人いらっしゃって、AさんとKさんです。昨日はAさんに教えを請い、普段は地元の方も採取に行かない場所へと誘っていただきました。
 
IMG_9930
 
林道の終点で車を降りると、ここからは徒歩になります。道すがら山菜採取ポイントはいくつかあるようですが、本日収穫予定の山菜は、コゴミ・葉わさび・ヨブスマソウ(ドンパ・ウドブキ)です。最も奥地にあるのがヨブスマソウの群生地で、まずは道中の山菜に目もくれず、ヨブスマソウを目指します。
 
IMG_9980
 
雪解けで増水された沢水が清流となって流れています。こうした清流沿いには葉わさびなどの山菜がすくすく育つそうです♪
 
IMG_0197
 
さて、普段パソコン作業ばかりしている弱り切った体に鞭打って歩き続けること40分、やっとヨブスマソウの採取ポイントに到着★
ここまでですでに半死状態の事務局スタッフですが、ガイドのAさんはむしろ散歩程度といった様子で、50代後半といえども屈強です。
ここで少し体を休めてから、ヨブスマソウの採取にとりかかりました♪
 
IMG_0179
 
これがヨブスマソウで、コウモリソウ属です。けっこう大きい気もしますが、これでもまだ出かけの若芽で、2メートルを超えて成長するものもあるそうです。名称については諸説あって、どれも葉の形に由来しているようですが、漢字では「夜衾草」と書くので、葉の形が「衾(ふすま)」(=掛け布団)と呼ばれる夜具の形に似ているからかもしれません。一般的には、「ヨブスマ」がムササビやコウモリの方言で、これらの動物が体を広げた形が葉っぱの形に似ているからと解説されています。
 
IMG_0170
 
葉っぱに無数に生えた産毛がとてもみずみずしくて美味しそう! 切り取った茎の断面からは、少しクセのある山菜らしい香りがして、食欲をそそります。地下茎でつながって繁殖するため、ヨブスマソウは一区画に固まって芽を出していることが多かったです。
 
一通り収穫作業が終了した後、Aさんが「お昼にしよう」と仰って、やおら携帯用のガスコンロを取り出しました。
 
IMG_0008
 
携帯用お鍋にトポトポとお水を注いで…
 
IMG_0014
 
コンロの上に置いて、火にかけます。
 
IMG_0019
 
そして、顆粒状の出汁を入れてから…
 
IMG_0024
 
ひと煮立ちさせます。
 
IMG_0026
 
そこに新鮮な天然ヨブスマソウを取り出して、Aさんはザクザクと鍋の中に切り落とします。
 
IMG_0034
 
さらに一煮立ちさせると…鮮やかな緑がめちゃくちゃ美味しそう!!
 
IMG_0060
 
最後にお味噌を溶かしたら…
 
IMG_0072
 
ヨブスマソウ汁の完成です!
 
IMG_0090
 
さあ、実食しましょう!【後編へ続く★】
 

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク