2009年04月21日

カテゴリー:未分類

狐の嫁入り行列 その2 :シリーズ「阿賀野川の宝もん☆」場所編vol.2

事務局のYです。
阿賀野川え~とこだプロジェクトを通して見つけた「阿賀野川の宝もん」(環境・歴史・文化・生活・人・食・スポットなど)を、事務局からご紹介していきたいと思います。
今回は「場所編」。有名スポットから知られざる穴場まで、流域地域のスポットをご紹介いたします!

狐の嫁入り行列 その1 の続きです。
先週末の土曜日、阿賀町の「狐の嫁入り屋敷」を訪問しました。
つがわ雁木通り沿いにある、この彫像と看板が目印☆

imgp02112

赤い敷石の舗道を抜けると、建物があります。

imgp0208

緑のキレイな庭では、狐の嫁入り行列の彫像が迎えてくれます。
奥阿賀豊実の「コスモ夢舞台」でおなじみ、彫刻家・佐藤賢太郎さんの手によるもの。
ここからは、その昔川港があった阿賀野川の景観も楽しめます。

imgp0212

imgp0215

さて、屋敷の中。囲炉裏が出迎えてくれます。
建物全体に万遍なく木が使われ、とても柔らかい印象を受けます。

imgp0225

売店でお面が売られていて、「いいなー」と思っていたら、何と、狐のお面づくり(1ヶ1,300円)が体験できるそう♪ 他に狐のメイク体験(1人500円)もできるらしい。

imgp0224

2階の資料室でも狐のお面たちが出迎えてくれます。他にも、狐の剥製や絵画など…。
同じく2階の畳の大広間では、花嫁を待つ白無垢が飾られ、存在感を放っていました。

imgp0230

再び、1階に戻ります。
ここには映像展示蔵があり、15分ものの狐の嫁入り行列の展示映像が流れます。

imgp0226

「狐火伝説の町・津川」。
故・佐藤真監督の作品、地方の時代映像祭・奨励賞を受賞したそうです。
佐藤さんは、映画「阿賀に生きる」を監督された方です。
映画「阿賀に生きる」は、阿賀野川の自然と共に暮らす、おじいちゃん・おばあちゃんたちが、逞しく、楽しく、生き生きと描かれた作品。

狐の嫁入り行列も、今や地域に根づいた、流域のなくてはならない風物詩のひとつとなっています。実際に体感するとどんなイベントなのか…5月3日が楽しみですね~♪

◆阿賀町ホームページ
〇狐の嫁入り屋敷
http://www.town.aga.niigata.jp/kankou/yomeiri/yashiki/index.html
〇「つがわ狐の嫁入り行列」観光周遊バスの運行について
http://www.town.aga.niigata.jp/kankou/news/details_175.html
〇津川河港
http://www.town.aga.niigata.jp/kankou/rekishi/tsugawa_kawaminato/index.html

◆佐藤賢太郎とコスモ夢舞台ホームページ
http://www7a.biglobe.ne.jp/~kentaro/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク