山仕舞い~高森いざや神楽の圧倒的な迫力!@高森薬師堂 on 高森の丘

高森いざや神楽~山仕舞い2013その1

12月8日(日)の夜に、高森の丘の頂上の「高森薬師堂」にて、山仕舞いの高森いざや神楽を見学してきました。集落の人々が集まるお堂の中、すぐ眼前で様々な神楽舞が演じられ、圧巻の一言でした!

北区のお宝マップ(高森の丘抜粋)
北区のお宝マップ(編集:北宝隊、発行:新潟市北区役所)の一部抜粋

岡方地区沿いに阿賀野川の右岸堤防を車で走っていると、周囲から小高くなってひときわ目立つ丘に遭遇します。これが有名な「高森の丘」で、ちょうど阿賀野川の旧河道沿いの自然堤防と、例の巨大砂丘列の一部が交差して、このように小高い地形になったと考えられます。

高森の大ケヤキ

丘の中腹には稲荷神社(700年代初期創設)が建立され、県内で2番目に大きい樹齢1200年の大ケヤキがそびえています。毎年、春と秋に奉納される神楽は、この神社に併設された舞殿で行われます。

高森の丘:稲荷神社舞殿の神楽

丘の頂上に行くと薬師様が祀られ、600年代末期に薬師如来が設置されたとの伝説に由来します。薬師堂自体は1600年代後期に造立され、その後、1705年に薬師如来の入仏供養の際に奉納された神楽が、現在の「高森いざや神楽」の始まりとなりました。

夜の高森薬師堂

夜の高森薬師堂。冷え込みが一段と厳しくなってきました。
お堂の中に入ると、すでに高森集落の方々が集まっており、お坊さんのお経が終わると、いよいよ高森いざや神楽が始まりました。

笛と囃し

神楽の担い手の方々は大半が20代~40代の若手が中心で驚きました。独特の音色で、笛や太鼓が奏でられ、お囃子が室内に響きます。

高森神楽準備1

高森神楽準備2

獅子の準備が整い、いよいよ神楽の始まりです!

高森いざや神楽1

高森いざや神楽2

高森いざや神楽3

続いて、剣を用いた舞が行われます!

IMG_0305

高森いざや神楽5

さらに、天狗が登場。獅子と天狗で戦っているように見えます。

高森いざや神楽:天狗1

高森いざや神楽:天狗2

そして、いよいよ大きな獅子が登場します!獅子の体の中には3~4人の人が入っているでしょうか? とにかく大迫力なのです!

高森いざや神楽:獅子舞1

高森いざや神楽:獅子舞2

高森いざや神楽:獅子舞3

そして、息もぴったりに舞った後、人々の頭に噛みついていきます!

高森いざや神楽:獅子舞4

グンと頭を引っ込めて…

高森いざや神楽:獅子舞5

ビューンッと噛みついてきます!

高森いざや神楽:獅子舞6

頭を噛みつかれまいと、本気で逃げ惑う男の子もいたり…微笑ましいですね★
フィナーレは子ども4人による舞が披露されました。

高森いざや神楽:子どもたち1

高森いざや神楽:子どもたち2

高森いざや神楽:子どもたち3

高森いざや神楽:子どもたち4

これが相当に訓練を積んでいて、大人に勝るとも劣らない、本格的な舞になっていました! 畳の上に残された千切れた紙垂が、子どもの舞に対する真剣さを物語ってますね♪

畳の上の千切れた紙垂

これで高森いざや神楽は終了ですが、眼前で繰り広げられる神楽の数々は、厳かな雰囲気とともに想像以上の迫力があり、思わず感動してしまいました。
 
これほど完成度の高い神楽の伝承を何百年も維持し続けるなど、高森集落の人々の意志と絆の強さを垣間見た気がしました★

夜の高森薬師堂2

さて、これにて山仕舞いの神楽は終了です。この後に神楽が催されるのは、翌年の3月の山開きの儀式の時だそうです。
 
ちなみに、こちらの記事でも紹介していますが、高森のお祭りは春(5月7~9日)と秋(10月7日~9日)に行われ、毎年5月9日と10月9日にはこの神楽舞いが高森稲荷神社に奉納されるとのこと。どちらもお昼頃に舞うそうですので、ぜひ足を運んでみてください☆


大きな地図で見る

◆ニイガタカラ.Net 高森いざや神楽
http://www.city.niigata.jp/info/bunka/niigatakara/search/detail.asp?eventId=95
◆新潟市北区観光協会 高森の大ケヤキ
http://www.nk-kankou.com/sightseeing/takamori/takamori.html
◆阿賀野川え~とこだ!ブログ過去記事
https://aganogawa.info/archives/7630

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク