【2020.6/14まで開催】第26回福島潟フォトコンテスト入賞作品展@水の駅「ビュー福島潟」※展示期間を延長しました(5月15日更新)

期間:2020年3月20日(金祝)~6月14日(日) ※展示期間を延長しました(2020年5月15日更新)

 
 

(第26回福島潟フォトコンテスト福島潟大賞「目覚めの刻」浅見良夫さんの作品。ビュー福島潟ホームページより引用)
 

毎年数多くの作品が寄せられる福島潟フォトコンテスト。写真家の米美知子氏が審査にあたり、451点の応募作の中から、浅見良夫さんの作品「目覚めの刻」が福島潟大賞に輝きました。
ビュー福島潟ホームページより引用)

 
新潟市北区の福島潟を題材にした「第26回福島潟フォトコンテスト」の入賞作品展が、6月14日(日)まで開催されています!【※展示期間を延長しました(2020年5月15日更新)】
 

展示概要

  • 展示期間:2020年3月20日(金・祝)~6月21日(日) ※休館日/月曜(祝日の場合は翌日)
  • 展示時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
  • 会場:水の駅「ビュー福島潟」 5階企画展示室(住所:新潟市北区前新田乙493
  • 入館料:一般400円/小中高生200円/未就学児無料
  • お問い合わせ先:水の駅「ビュー福島潟」(電話025-387-1491)

 

アクセスマップ


 

◆第26回福島潟フォトコンテスト入賞作品展(水の駅「ビュー福島潟」ホームページ)

http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/event/kikakuten/26th_katacon_taisyoten/index.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク