2009年05月30日

カテゴリー:つぶやき・お知らせ

総合Pを待ちながら…

事務局のYです。
今週はブログの更新が遅れてしまい、反省しています。
火曜日の推進委員会後、担当のメグミ嬢を中心に、環境学習プロジェクトの推進に向けて、ひたすら活動中の毎日でした!

さて…「推進委員会の独特の空気感を、後日、総合プロデューサーからお伝えします!」などと宣言していた割にはなかなかアップされませんが、昨夜、阿賀町から帰る高速道路の途上、総合Pに恐る恐るお伺いしたところ、満面の笑顔で「もちろんマダだよ☆」と切り返されてしまいました…。

総合プロデューサーであるNPO法人文化現場代表の小川弘幸さん。
映画『阿賀に生きる』の製作委員会で活躍後、新潟の文化振興を目的に、1992年、「文化現場」を任意団体として発足されたとのこと。(※NPO法人化は2004年)
「文化」と「現場」…こんなに語感が離れた言葉をくっつけた団体名も面白い。
1992年発行の『AGA草紙④』では、関係者座談会にて…
「新潟という土壌に根っこを生やして、文化の土木工事をやりたい!」
…という趣旨の発言を、若かりし頃の小川さんが高らかにされています…。

「AGA草紙④」関係者座談会での小川さん

「AGA草紙④」関係者座談会での小川さん

そんな小川さんですが、新潟市が7月から開催する「水と土の芸術祭」市民サポーターズ会議の座長もこなし、他にも文化活動や地域づくり事業に携わる「激務の人」。
ということで、ここは気長に記事の投稿を待つことといたしましょう…。

草倉銅山廃坑跡を写真に収める総合Pの後ろ姿

草倉銅山廃坑跡を写真に収める総合Pの後ろ姿

◆NPO法人文化現場ホームページ
http://www.hanga-cobo.jp/bunkagenba/

◆水と土の芸術祭関連ホームページ
○日本海政令市にいがた「水と土の芸術祭2009」
http://www.mizu-tsuchi.jp/
○水土ブログ「地図にない湖の真ん中から」
http://blog.mizu-tsuchi.jp/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

掲載が大変遅くなってしまい申し訳ありませんが、2018年6月15日の19時~19時半に撮影した瓢湖のあやめ園のライトアップの様子をお届けします☆ だんだんと暮れていく様子をお楽しみください♪(今回も撮影は波多野孝さんです …

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク