2009年05月04日

カテゴリー:つぶやき・お知らせ

2009追悼集会@ケータイ

NEC_0405.jpg

どーも、事務局のM(♂)です!

今日は毎年、阿賀野市安田公民館で催されている「2009追悼集会 阿賀の岸辺にて」に参加しました。

新潟水俣病をテーマにした映画「阿賀に生きる」完成後亡くなられた患者さん(役者?)を追悼するために毎年5月4日に催され、今年で17年目だそうです。

追悼集会と言っても「阿賀に生きる」の上映やら、トークライブやら三味線あり踊り子ありの気楽な会で、毎年全国から色々な方がいらっしゃいます。

今年は、10年前に亡くなった水俣市の患者支援運動のリーダー・川本輝夫さんの仕事の紹介をメインに企画され〜土本典昭監督「ミナマタ 井戸を掘った人・回想川本輝夫」の上映や奥さんのミヤ子さん、長男の愛一郎さんをゲストに迎えたトークショーで素顔の川本さんを知る事ができました。

愛一郎さんの話しは修羅場を知る人こそのユーモアに溢れ、会場を沸かせながらも「私は水俣病という言葉を使わない、あれはチッソが主犯で国や県・市が共犯の傷害殺人事件なんです」「だから国や行政が患者の“救済”なんて云うのは信じられない。救済じゃなくて“償い”でしょう」などなど、とても印象的でした。

愛一郎さんとミヤ子さんの話しは、明日も県立「環境と人間のふれあい館」で聞けるので〜皆様お誘い合わせのうえお越し下さい。

えー、これから咲花温泉で打ち上げ&交流会です。
実はこの集会はこれからが本番なのです。
今日はどーなることやら。ふふふ

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク