【2020.8/23まで】新潟市歴史博物館 令和2年度企画展「潟のくらし展」!


新潟市歴史博物館ホームページより引用)
 

新潟市域はかつて多くの潟が存在する、低湿な地域でした。地域の先人たちは「舟農業」と呼ばれる、土地柄に合わせた農業とともに、漁労や狩猟・採集などの潟と周辺に広がる湿地の環境を活かした営みを積み重ねてきました。湿地の資源を持続的に活かす生活文化は、ワイズユース(賢明な利用)という新たな視点で見直されてきています。今年、新潟市は国内初のラムサール条約の湿地自治体認証の候補都市となりました。本展では、新潟市域の潟とその周辺の環境で営まれてきた先人のくらしを振り返るとともに、新潟市潟環境研究所による『みんなの潟学』等の成果を活用して、潟をめぐる自然科学の最新の知見を紹介することで、潟が地域で果たしてきた役割をさまざまな視点から考えます。
新潟市歴史博物館ホームページより引用)

 
新潟市中央区の新潟市歴史博物館では、2020年8月23日(日)まで企画展「潟のくらし展」が開催中です。
展示の他にイベントも開催されます!ぜひお越しください。
なお、イベントにつきましては、新型コロナウィルスの影響で内容の変更・中止の場合があります。随時、新潟市歴史博物館ホームページをご確認ください。
 

「潟のくらし展」 概要

これまで「阿賀野川え~とこだプロジェクト(事業名:阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業/略称:FM事業)」で制作してきたパネル作品は、展示をご希望の方に貸し出しをしています。 展示を希望する方は、以下の留意点につい …

阿賀野川流域の地域再生が10年を迎えて ◆巻頭言:この10年の成果を踏まえた新たな1年を迎えるに当たって   新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域において、「FМ事業」(※1)と呼ばれる地域再生の取組がスタートして、およ …

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク