2011年01月18日

カテゴリー:未分類

安田の石&大判焼き@ケータイ

DVC00180.jpg

DVC00182.jpg

DVC00186.jpg

DVC00183.jpg

事務局のメグミです。
昨日の夕方に、以前ロバダンでお世話になった安田商工会青年部長の長谷川さんと、同じく部員の漆山さんが事務所に来てくださいました☆お二人は石材店をやられているので、安田の石のお話しがメインです。安田地区は石の産地で、草水(くそうず)石は国会議事堂にも使われているそう!近年はあまり取れなくて、中国産の安い石がどんどん日本にも入ってきている現状もお聞きしました。

話しのお供は、以前から気になっていた安田地区にある「遠藤健一商店」の大判焼き♪(二枚目以降の写真をご覧ください)
もちろん安田にお住まいのお二人は大判焼きを見るなり、「あっ、遠藤さんとこ?」と一言。冬季だけ大判焼きを販売しているんだそうです。粒あんが甘すぎず、皮もパリパリしていて、何よりも優しさがたっぷり入っているようで、何個でも食べられる美味しさでした♪♪♪

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク