2010年12月29日

カテゴリー:未分類

ペレットストーブを発見☆

ペレットストーブ1

先日、かのせ温泉赤湯にて、ペレットストーブを発見しました☆
赤々と燃焼するペレットがパチパチとはぜて、なかなか趣があります!

ちなみに、ここで言うペレットとは…

木質ペレット(ウィキペディアより)

正式には「木質(バイオマス)ペレット」と言い、製材過程などで出るおが屑などを圧縮成型した小粒の固形燃料のことです(※写真を参照)。

このペレットストーブの普及が、環境意識の高まりなどを受けて、近年、徐々に進んでいるそうです。実は、その理由や背景をより深く探ってみると、環境や資源に関する面白い視点や課題が色々と見えてくるのですが…例えば…

・地球温暖化とカーボンニュートラルの問題
・化石燃料を始め、様々な燃料に関するコスト比較と調達の問題
・地域の特性や独自性の活用と自治体の関与のあり方、などなど…。

ペレットストーブ2

こうした様々な視点や課題は、今後、「阿賀野川え~とこだより」や「このブログ」などで色々と取り上げていきたいと考えていますので、どうぞお楽しみに!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク