2010年12月30日

カテゴリー:未分類

え~プロのスイーツ開発!?

阿賀野川え~とこだプロジェクトでは、
ロバダンやイベントのたびに茶菓子を提供しています。

菓子群(サイズ変更)

茶菓子をきっかけに、見知らぬ者同士で会話が弾むことがけっこうあるからです。
そのため、事務局では、阿賀野川流域ならではの茶菓子を求めて、日々アンテナを張り巡らせています。 例えば…

・女子目線で人気スイーツを探したり、
・食べ歩きマニア目線で流域の菓子店舗の踏破を試みたり…。
・はたまた、関係者の中には、開発者の目線で取り組み出す方まで…(笑)

先日、事務局のYが、その方に、京都旅行のお土産として、
京都の人気スイーツ・麩嘉(ふうか)さんの「麩嘉饅頭」(生麩饅頭)を差し上げたところ…

麩饅頭1

麩饅頭2

「なんだ!? この食感は…このモチモチ感は!」
「饅頭を笹1枚で包んでいる…通常は笹2枚で包むのに…!」
…と、饅頭の食感とその包み方に、異常な興味を示されました。
その方のお菓子開発の研究熱に、拍車をかけてしまったかもしれません(汗)

生麩やそれを使用した麩饅頭は、京都のものが大変有名ですが、
元々、千年ほど前に中国から日本に伝わり、京都の禅僧の間で広まったのが始まり。
モチモチ感が女子や食通の間で評判となり、今では全国の和菓子店に広まりました。
ちなみに、このモチモチ感の正体は、小麦粉から精製されるグルテンです。

さて、先日25日のパネル展オープニング記念イベントにて…

黒米もち1

その方が提供してくださったのが、なんと…
古代米の一種・黒米でつくった「黒米もち」です!

黒米もち2

お湯で温めると、柔らかく瑞々しい黒米もちへと変身します!

黒米もち3

黒ゴマ・小豆餡・きな粉をまぶして、「だんご3兄弟」に変身させてから、美味しくいただきました!グルテンに負けないモチモチ感と、食品添加物の化学的な雑味がまったくない優しい味でしたよ☆ ただし、食品添加物を使用していない裏返しで、このモチモチ感を継続できないことが課題…だそうです。

黒米は普段の生活ではなかなかお目にかかれない食材です。また、黒色の正体は果皮に含まれる色素で、ポリフェノールの一種「アントシアニン」と言い、視力や肝機能を強化する働きがあるとされています。

阿賀野川え~とこだプロジェクトでも、今後はこうした珍しく健康にも良い食材を活用して、食品開発などにも力を入れていければ良いな~と密かに計画しています!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク