7月12日(日)に新潟東映ホテルにて、新潟水俣病公表50年 患者会自主企画イベント「水俣病患者 大いに語る」を開催します!

「水俣病患者 大いに語る」チラシ
 
新潟水俣病阿賀野患者会と新潟水俣病被害者の会は、下記のとおりイベントを開催いたします!
第1次訴訟を題材としたドキュメンタリー映画「公害とたたかう」が16mmフィルムで上映される貴重な機会にもなりますので、興味のある方はご参加ください。
 

イベント概要

  • 日時:平成27年7月12日(日)13時半~16時半
  • 会場:新潟東映ホテル2階朱鷺の間(住所:新潟市中央区弁天2-1-6
  • 内容:映画上映及び患者トーク
    1. ドキュメンタリー映画「公害とたたかう」上映(50分)

      新潟水俣病第1次訴訟支援のため、昭和42~43年に製作された幻の映画。当日は、同訴訟の弁護団幹事長をされ、その頃の若かりし姿が映画にも登場する坂東克彦氏から解説していただきます。
    2. 患者トーク企画「熊本・大阪・東京・新潟の水俣病患者 大いに語る」

      最初の水俣病である熊本の被害者、そして大阪や東京に転居した熊本の被害者、第2の水俣病である新潟水俣病患者たちが大いに語ります。
  • 参加費:無料
  • お問合せ:新潟水俣病阿賀野患者会(電話 025-244-0178)&新潟水俣病被害者の会

 

アクセスマップ


 

◆「水俣病患者 大いに語る」チラシ(PDF:400KB)

https://aganogawa.info/wp/wp-content/uploads/2015/06/2c478198e050785529354ea031f37b81.pdf

◆新潟東映ホテル

http://www.toei.co.jp/hotel/niigata/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク