新潟医療福祉大学が「高校生・大学生・若者による未来フォーラム」を開催します!

未来フォーラム
 
新潟医療福祉大学の学生さんを始め、21世紀を担う高校生・大学生・若者が、新潟水俣病の過去と現在に真剣に向き合うため、新潟水俣病患者の方々との“ふれあい”や、環境と人間のふれあい館等での学びをとおして体験的な理解を深めています。
 
イベント当日はそうした若者が中心となって、新潟水俣病の歴史と教訓を踏まえた「地域の再生・融和」や「平和で豊かな阿賀野川の未来」に向けたメッセージを届けるとともに、フルート奏者・榎本正一さんと学生によるミニコンサートも開催します!
 

イベント概要

  • 日時:平成27年7月19日(日)13時半~15時
  • 会場:新潟日報メディアシップ(住所:新潟県新潟市中央区万代3−1−1
  • 内容:ミニコンサート・映像鑑賞・若者のメッセージ
    1. フルート奏者・榎本正一さんによるミニコンサート

      • 演奏:榎本正一さん(フルート)/高木明子さん(ピアノ)/新潟医療福祉大学吹奏楽部
      • 曲目:ドビュッシー「小組曲」、宗次郎「大黄河」ほか
    2. 映像で振り返る新潟水俣病の過去・現在・未来

    3. 高校生・大学生・若者によるメッセージ

  • 参加費:無料
  • お問合せ:新潟医療福祉大学社会福祉学部合同研究室(電話 025-257-4508)
  • 主催:新潟医療福祉大学、共催:新潟県・新潟市・新潟日報社、後援:新潟県教育委員会・新潟市教育委員会、協力:新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-・一般社団法人あがのがわ環境学舎

 

アクセスマップ


 

◆「高校生・大学生・若者による未来フォーラム」チラシ(PDF:1.87MB)

https://aganogawa.info/wp/wp-content/uploads/2015/06/9393c98148e6b099502be424cb5a0b19.pdf

◆新潟医療福祉大学ホームページ

http://www.nuhw.ac.jp/

◆新潟日報メディアシップホームページ

http://niigata-mediaship.jp/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク