映画「阿賀に生きる」を観ながら、これからの話をしよう

201509hiraiwa-leaf
冥土連フェイスブックページより引用)
 
水と土の芸術祭2015の市民イベントとして、そして新潟水俣病公式確認50年事業の一環として、今週末に新潟大学駅南キャンパスときめいとにてイベントが開催されます。

映画「阿賀に生きる」仕掛け人の旗野秀人さんと、同映画の阿賀野川遡上計画でお馴染みの平岩史行さんが、数名のゲスト(※新潟水俣病被害者への聞書き作者さんや当時の報道記者の方…とのお話)とともに、映画を鑑賞しながら過去・現在・未来のお話を繰り広げられるそうです!

ちょうど故・佐藤真監督の著書「日常という名の鏡」も出版され、上記お二方もあとがきを寄せられていますので、そのあたりのお話を色々とうかがえるかもしれませんね。

佐藤真さんの著書『日常という名の鏡』(増補第二版)の巻末に寄稿文が掲載された旗野秀人氏(阿賀に生きる制作発起人)+平岩史行氏(映画『阿賀に生きる』阿賀野川遡上計画代表)と、数名のゲストをお呼びし、撮影や当時の話、今年で公式確認から50年を迎えた新潟水俣病と公害、そしてこれからの未来のこと、豊かに生きるとは何かを、映画を観ながら語り合います。
冥土連フェイスブックページより引用)

 

1236539_1418687488343303_309324544_n

イベント概要

同時併設:20年後のそれぞれの阿賀展

  • 展示時間:平成27年9月12日(土)12時~18時(予定)
  • 展示会場:新潟大学駅南キャンパスときめいと・多目的ホール
  • 展示内容:「それぞれの阿賀展」で使用された写真や、使用されなかった写真、開催以後の様々な写真、そして、新潟水俣病公式確認から50年を経て「今」の旗野秀人さんのインタビュー動画等を展示予定。

お問合わせ

  • お問合わせ:あがこれ実行委員会(平岩080-3142-1684)

 

アクセスマップ


 

◆冥土連フェイスブックページ

https://www.facebook.com/mmmeidoren/photos/a.520199461382415.1073741827.506616176074077/890733617662329/?type=1&theater
○映画「阿賀に生きる」を観ながら、これからの話をしよう チラシ(PDF:1.43MB
https://aganogawa.info/wp/wp-content/uploads/2015/09/d27f5aba336ef7dfc255c37571e1fbc9.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク