2014年01月22日

カテゴリー:未分類

【3月29日(土)まで開催】書家・巻菱湖展@北方文化博物館★阿賀野川流域イベント情報vol.114その②

★幕末の著名な書家・巻菱湖展を北方文化博物館で開催!

幕末の著名な書家・巻菱湖展が3月29日まで北方文化博物館で開催されています。

【巻菱湖展】
北方文化博物館フェイスブックより引用)

巻菱湖(まき・りょうこ)は、旧西蒲原郡巻町出身の書家で、市河米庵(いちかわ・べいあん)、貫名菘翁(ぬきな・すうおう)と共に、幕末の三筆と呼ばれました。端麗な書体は広く書の手本としても用いられました。このたび所蔵品より漢詩屏風等、約20点を展示致します。
北方文化博物館ホームページより引用)

書家として全国的な著名人で、江戸で活躍し門下生は1万人を超えたそうです。書道や習字のお手本にもされるとのこと、書道をやられる方や興味のある方はぜひ。

★巻菱湖展

  • 期間:平成26年3月29日(土)まで(9時~16時半)
  • 会場:北方文化博物館(新潟市江南区沢海2丁目15-25)集古館(一階企画展示室)
  • 入場料(個人):大人800円/小・中学生400円(※日祝無料)
  • お問合せ:北方文化博物館(電話025-385-2001)

 

大きな地図で見る

◆北方文化博物館ホームページ
http://hoppou-bunka.com/top.html
O北方文化博物館フェイスブック・巻菱湖展
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=263732340443444&set=a.190603447756334.1073741826.190598837756795&type=1&theater

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

掲載が大変遅くなってしまい申し訳ありませんが、2018年6月15日の19時~19時半に撮影した瓢湖のあやめ園のライトアップの様子をお届けします☆ だんだんと暮れていく様子をお楽しみください♪(今回も撮影は波多野孝さんです …

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク