2014年01月22日

カテゴリー:未分類

【3月29日(土)まで開催】書家・巻菱湖展@北方文化博物館★阿賀野川流域イベント情報vol.114その②

★幕末の著名な書家・巻菱湖展を北方文化博物館で開催!

幕末の著名な書家・巻菱湖展が3月29日まで北方文化博物館で開催されています。

【巻菱湖展】
北方文化博物館フェイスブックより引用)

巻菱湖(まき・りょうこ)は、旧西蒲原郡巻町出身の書家で、市河米庵(いちかわ・べいあん)、貫名菘翁(ぬきな・すうおう)と共に、幕末の三筆と呼ばれました。端麗な書体は広く書の手本としても用いられました。このたび所蔵品より漢詩屏風等、約20点を展示致します。
北方文化博物館ホームページより引用)

書家として全国的な著名人で、江戸で活躍し門下生は1万人を超えたそうです。書道や習字のお手本にもされるとのこと、書道をやられる方や興味のある方はぜひ。

★巻菱湖展

  • 期間:平成26年3月29日(土)まで(9時~16時半)
  • 会場:北方文化博物館(新潟市江南区沢海2丁目15-25)集古館(一階企画展示室)
  • 入場料(個人):大人800円/小・中学生400円(※日祝無料)
  • お問合せ:北方文化博物館(電話025-385-2001)

 

大きな地図で見る

◆北方文化博物館ホームページ
http://hoppou-bunka.com/top.html
O北方文化博物館フェイスブック・巻菱湖展
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=263732340443444&set=a.190603447756334.1073741826.190598837756795&type=1&theater

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク