2009年08月03日

カテゴリー:未分類

伊波敏男さん講演会@ケータイ

DVC00148.jpg

8月2日の午後、新潟県立環境と人間のふれあい館ー新潟水俣病資料館ーの開館8周年記念講演会が開催されました☆

講師はハンセン病回復者の伊波敏男さん。
当事者が語り継ぐことが大切だと伊波さんはおっしゃいました。でもその自分の体験談を話すということは、かさぶたを剥がすように辛いこと。それでもまずは知ることから始めてほしいとお話しされることを続けています。

心にグッとくるのは、伊波さんが心でお話しされるからかなと感じました。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の新しい展開や価値観を探るために ◆巻頭言:デジタル化と融合したリアルイベントの再開に向けて   今年度も新型コロナウイルスの感染は依然として続いていますが、ワクチン接種等が浸透し、感染のピークを過ぎて減少傾向も …

  新潟県では、新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を進めるプロジェクト(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)を実施しています。 この事 …

カレンダー

2023年1月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク