2009年08月03日

カテゴリー:未分類

伊波敏男さん講演会@ケータイ

DVC00148.jpg

8月2日の午後、新潟県立環境と人間のふれあい館ー新潟水俣病資料館ーの開館8周年記念講演会が開催されました☆

講師はハンセン病回復者の伊波敏男さん。
当事者が語り継ぐことが大切だと伊波さんはおっしゃいました。でもその自分の体験談を話すということは、かさぶたを剥がすように辛いこと。それでもまずは知ることから始めてほしいとお話しされることを続けています。

心にグッとくるのは、伊波さんが心でお話しされるからかなと感じました。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク