2009年08月03日

カテゴリー:未分類

伊波敏男さん講演会@ケータイ

DVC00148.jpg

8月2日の午後、新潟県立環境と人間のふれあい館ー新潟水俣病資料館ーの開館8周年記念講演会が開催されました☆

講師はハンセン病回復者の伊波敏男さん。
当事者が語り継ぐことが大切だと伊波さんはおっしゃいました。でもその自分の体験談を話すということは、かさぶたを剥がすように辛いこと。それでもまずは知ることから始めてほしいとお話しされることを続けています。

心にグッとくるのは、伊波さんが心でお話しされるからかなと感じました。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク