2009年07月26日

カテゴリー:未分類

草倉銅山~お世話になった方へのご恩返し~

事務局Yです。
先月、阿賀町の鹿瀬でロバダンを行った午後、鹿瀬にお住まいの長谷川国一さんのお宅にお邪魔した様子をお伝えします!(いつもながらアップが遅くて…)

元・昭和電工の社員である長谷川さんは、草倉銅山を舞台にしたオリジナル脚本「草倉残照」(と続編「残照の彼方に」)の作者で、草倉銅山の歴史に非常に詳しく、少し前まで現地の案内もされていました。
私たちが草倉銅山の歴史を調べた際には、大変貴重な資料や情報を惜しみなくご提供いただいたのです。

その成果のひとつが、紙芝居「草倉銅山物語」。
長谷川さんへのご恩返しに、紙芝居を披露させていただきたく、お宅にお邪魔させていただいたという訳です。

紙芝居の一枚一枚を食い入るように見つめる、長谷川さんの力強い眼が印象的でした。
非常に喜んでいただけて、私たちも大変嬉しく思いました。

その後は、草倉銅山のこと、昭和電工の社宅のことなど、様々なお話をお聞かせいただきました。

色々な地元の人のご協力で成り立っている事業だと、改めて実感した一日。
こういうつながりは、ぜひ大事にしていきたいです☆

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク