2009年06月09日

カテゴリー:つぶやき・お知らせ

環境学習プロジェクトの始動に向けて… その4

事務局のYです。
先週に引き続き、環境学習プロジェクトの始動に向けて、ドタバタしている毎日の模様を、忙しい事務局のメグミ嬢に代わり、ブログで報告します☆

**********************************
●6月2日(火)午後 晴れ
新潟市中央区・笹出線の鳥屋野交差点にあるロイヤルホストへ。
「通船川・栗の木川ルネッサンス」代表・星島さんにお会いするため。

しかし、日中のファミリーレストランの中。
周りは、子ども連れの若いママたちや、会話を楽しむオバサマたち。
明らかに我々だけ異質な集まり…。
次回からはそれなりの場所にしようと、少し反省しました…。

しかし、そんなコトおかまいなしに、星島さんは興味深いお話を次々と…。
今は、通船川沿いの企業などを紹介するマップづくりや、
7月から水と土の芸術祭の一環として実施予定の通船川クルーズを準備中とのこと…。
多忙な毎日にも関わらず、少年のように目を輝かせながら仰っていました!

e381a4e38186e3818fe3828ae792b0e5a283e5ada6e7bf92efbc88webe794a8efbc89 

星島さんの活動は、すでに多くの方がご存知では?
「通船川・栗の木川」を中心に、住民や企業を巻き込んだ地域づくりを展開。
また、子どもたちへの環境学習も盛んに行ってらっしゃいます。

新潟水俣病の患者さんの知り合いも多く、3月にはふれあい館の事業で水俣も訪問。
企業を巻き込む大切さのお話の中で「企業を友だちに!」という言葉が印象的でした。

◆NPO法人新潟水辺の会ホームページ
(通船川・栗の木川ルネッサンスさんの活動がよく載っています!)
http://www17.plala.or.jp/mizubenokai/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク