【2019.12/1開催】福島潟シンポジウム2019「潟to健康」!


水の駅「ビュー福島潟」ホームページより引用)

  

 「潟と健康」をテーマに福島潟の活用方法についてみなさまと一緒に考えます。講演会・パネルディスカッションを予定しています。
水の駅「ビュー福島潟」ホームページより引用)

 
2019年12月1日(日)、新潟市北区の水の駅「ビュー福島潟」にて、福島潟シンポジウム2019「潟to健康」が開催されます!
「健康」という観点から福島潟の魅力を再発見できること間違いなしです!
 

イベント概要

  • 開催日時:2019年12月1日(日) 13:00~15:00(受付12:40~)
  • 会場:水の駅「ビュー福島潟」6階展望ホール(新潟県新潟市北区前新田乙493
  • 料金:無料
  • 定員:先着120名(当日参加も可)
  • 主催・協力:水の駅「ビュー福島潟」・NPO法人ねっとわーく福島潟
  • 申込み・問合せ:水の駅「ビュー福島潟」(電話025-387-1491)
  • 内容
    ○講演
      水の駅「ビュー福島潟」名誉館長 大熊 孝
    ○出演
      パネラー
       阿部 美恵子(北区自治協議会自然文化部会長)
       日比野 則彦(音楽家)
       日比野 愛子(音楽家)
      コーディネーター
       島 吾郎(水の駅「ビュー福島潟」館長)

 

アクセスマップ


 

◆水の駅「ビュー福島潟」ホームページ

http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/event/event/symposium/index.html
福島潟シンポジウム2019「潟to健康」チラシPDF:697KB
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/event/event/symposium/katatokenkochirashi.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク