阿賀野川え~とこだより第27号を発行しました!

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために

◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して

 新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に日本全体を覆う少子高齢化の波が流域においても確実に進行し、その象徴として学校の統廃合が加速しています。地域の教育環境をどう見直していけば良いのか、今後ますます問われる時代になりました。
 
 一方、教育現場では、複雑化する現代社会に必要な資質や能力を向上させるべく、地域独自の歴史や環境、英語やプログラミング、キャリア教育など、多種多様な学習を横断的につなぐ教育が奨励されています。ところが、それらを実り豊かな教育として実現する時間や人材などの教育資源は不足しがちです。
 
 そのため、再編の波に飲まれる学校と協働できる地域団体の重要性が、ますます高まりつつあります。今号でも特集した「黎明学舎」はその典型で、学校と協働して過疎地の教育環境を実り豊かにする機能や価値を提供しています。翻って、公害の光と影を巡る体験にも、流域の教育環境を実り豊かにする機能や価値を追求していきます。

◇特集1 阿賀野川エコミュージアムを目指す流域再生フォーラム(第8回)参加者募集! 
     懐かしい写真でふりかえる 昭和30~40年代の日本・高度経済成長ものがたり


 
三種の神器、東京タワー、新幹線、東京オリンピック、GNP西側第2位、大阪万博など…「もはや戦後ではない」と謳われた昭和30年代から、オイルショックが発生する昭和40年代後半までの間、日本社会が高度経済成長の繁栄に湧く裏で発生していた、新潟水俣病を含む四大公害の悲劇。
そのすべてを時代を追いながら、圧倒的な枚数の写真史料などをもとに振り返るフォーラムを開催します。興味のある方はぜひご参加ください!
 
◆関連記事:フォーラム(第8回)「懐かしい写真でふりかえる 昭和30~40年代の日本・高度経済成長ものがたり」を開催します!

◇特集2 平成30年度の地域再発見講座の開催レポートをお届けします!


 
平成30年度のFM事業では、地域再発見講座(第21回)「阿賀野川の上流から下流をめぐる旅~イザベラ・バードがたどった阿賀流域行路から学ぶ阿賀野川の川業」、地域再発見講座(第22回)「阿賀流域ほんもの歴史体験プログラム〜電子紙芝居「阿賀の近代産業ものがたり」の上演も☆」が開催されました。当日の参加者の皆さんの声などもお届けしています!
 
◆関連記事1:地域再発見講座(第21回)「阿賀野川の上流から下流をめぐる旅〜イザベラ・バードがたどった阿賀流域行路から学ぶ阿賀野川の川業」を開催します!
◆関連記事2:地域再発見講座(第22回)ツアー「阿賀流域ほんもの歴史体験プログラム〜電子紙芝居「阿賀の近代産業ものがたり」の上演も☆」を開催します!

◇特集3 阿賀の宝もん★発掘レポート(第4回)
     阿賀町公営塾 黎明学舎&紙芝居教材「阿賀の近代産業ものがたり」完成!


 
今回で4回目を迎える新コーナー「『阿賀の宝もん』☆ 発掘レポート」! 阿賀野川の歴史や文化、人や暮らし、自然環境…などを流域の未来に生かす取組を毎号掲載していきます☆ 今回は県立阿賀黎明高等学校に通う生徒のために阿賀町が運営している「阿賀町公営塾 黎明学舎」さんを取材させていただきました♪ そして「阿賀町近代産業の光と影をテーマとする小・中学生向け教材づくりプロジェクト」で作られた紙芝居教材とそれを使った検証授業についてもレポートしています。ぜひご覧ください!
 

◇インフォメーション

  1. 平成30年度パネル巡回展まだまだ開催中!

    東京タワー、新幹線、東京オリンピック、大阪万博など……昭和の高度経済成長に湧く日本の裏側で発生し、やがて全国が騒然となった四大公害をめぐる戦後社会の光と影を読み解きました。あの頃の日本の懐かしい写真を数多く使用したパネル作品をぜひご覧ください!

    • 2/19~3/4 新潟市秋葉区文化会館 9:00~21:30
      (※2/25(月)休館)
    • 3/5~3/20 阿賀町役場鹿瀬支所ロビー 9:00~16:30
      (※毎週土曜・日曜休館)
    • 3/14~3/28 江南区文化会館内 江南区郷土資料館 10:00~19:00
      (※毎週金曜休館、日曜・祝日10:00~17:00)

 
 

◆阿賀野川え~とこだより第27号(※バックナンバーページへ)

https://aganogawa.info/backnumber#anka28

〇阿賀野川え~とこだより第27号P.1~3、8(PDF形式:2.9MB)

https://aganogawa.info/wp/wp-content/uploads/2019/02/eetoko27_1-2.pdf

〇阿賀野川え~とこだより第27号P.4~7(PDF形式:3.4MB)

https://aganogawa.info/wp/wp-content/uploads/2019/02/eetoko27_3-4.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

注目情報

2019/6/13

【満員御礼!】2019年度 阿賀流域再発見・連続ツアー講座「阿賀野川ものがたり」を開催します!

開催日:7/6、7/7、9/7、9/8、10/26、10/27

申込期限:2019年6月30日17時

  阿賀野川え~とこだプロジェクト(正式名称:阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業/略称:FM事業)では、2019年度は年3回のツアー講座「阿賀流域再発見・連続ツアー講座 阿賀野川ものがたり」を「水との闘い・水の恵 …

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク