阿賀野市・やすだ瓦ロード沿い「瓦テラス」のレストランに行ってきた☆


 
2018年8月8日にオープンした阿賀野市・やすだ瓦ロード沿いにある「瓦テラス」。
新潟方面から来る場合は、国道49号線の「安田瓦入り口」交差点を左折し直進すると到着します!
 

 
レストランとカフェ、そして物販スペースのある施設ですが、2018年9月25日は「レストラン」に行ってきました!
地元の養殖うなぎ「阿賀の夢うなぎ」の蒲焼きや白焼き、中骨からスープを取ったうなぎの塩ラーメン、ブランド牛のあがの姫牛、純白のビアンカ(ヤスダヨーグルトのホエイを餌として与えた豚肉)など阿賀野市産にこだわった食材を、安田瓦の食器で提供してくれます!
 

 
こちらは、レストランにある物販スペース!
安田瓦の製造元である「五十嵐瓦工業株式会社」の小物や「丸三安田瓦工業株式会社」の器を始め、鬼瓦の小物、庵地焼、安田焼の紹介と物販コーナーとなっていました!
(私は「村秀鬼瓦工房」のポストカードを購入しました♪)
オシャレ内装ですよね♪
 

 
さっそくレストランで注文したのは、あがの夢うなぎの白焼きと瓦テラス釜炊きご飯セット、あがの夢うなぎ丼、あがの姫牛のローストビーフ丼。どれもおいしそう…!
 

 

 
まず、提供されたのは「あがの姫牛のローストビーフ丼」!
温泉卵には梅塩がかかっており、それとオニオンソースをまぜてローストビーフをいただくと、口の中で絶妙なハーモニーが広がります!
 

 
この「あがの姫牛のローストビーフ丼」は注文してから来るのが早いので、昼食時間が限られている方にオススメです!
 
続いてご紹介するのはあがの夢うなぎの白焼きと瓦テラス釜炊きご飯セット。
まず、固形燃料に火がついた状態の釜炊きご飯が運ばれてきます!運ばれてきた状態から炊き上がるまでおよそ25分かかります。
 

 
しばらくすると、勢いよく蒸気が噴き出してきます!!炊きあがりを待つ時間も楽しい♪
 

 
そして、火が消えました!
約2分間蒸らすと食べごろとのこと♪おいしいご飯の香りが立ち込めます。
 

 

 
さて、こちらはあがの夢うなぎの白焼き。丁寧に焼きあげられたうなぎが安田瓦の器、TSUKIの上で輝いています。
カリフワで、うなぎ本来の旨味を味わうことができました!
 

 

 
最後にご紹介させて頂くのはあがの夢うなぎ丼。器がとってもかわいい♪
 

 
ふたを開けると…
 

 

 
表面は香ばしく、中はふっくらとしたうなぎと、たれのしみ込んだご飯との相性がバツグンです★
 
また、各料理に付いてきたお漬け物とお味噌汁も絶品でした。ちなみに、きゅうりは安田瓦に使われる粘土で漬けた、安田名物「泥漬け」です!
 
 
 

 
今回ご紹介した料理の他にも魅力的な食がたくさんあります!ぜひ1度、足を運んでみて下さいね♪
(次は「カフェ」コーナーに行ってきます!食レポをお楽しみに!)
 

★瓦テラス(※2018年9月27日現在の情報です)

  • 住所:新潟県阿賀野市保田7373番地1
  • 営業時間:レストラン11:00~15:00/カフェ10:00~17:00/ショップ10:00~17:00
  • 定休日:毎週木曜日
  • 電話番号:0250-47-8530
  • 駐車場:あり

 

アクセスマップ


 

◆瓦テラスホームページ

https://kawara-terrace.jp/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク