阿賀野市・瓢湖の白鳥!(2017.11.3早朝の様子)

阿賀野市ホームページ「瓢湖ライブカメラ(白鳥渡来情報)」によると、
2017年10月4日に、今シーズン初となる、コハクチョウ4羽が阿賀野市の瓢湖に渡来!
そして11月2日現在4,212羽となったそうですが、本日11月3日午前6時前後の瓢湖の様子をご紹介します♪(撮影者はあがのがわ環境学舎の研究員兼管理人の波多野孝さんです!)

DSC_6898

午前6時前、白鳥は寝床の瓢湖にたくさん!

DSC_6905

DSC_6908

白白と夜が明けて・・・

DSC_6912

湖面がキラキラと輝きを増し、白鳥たちも続々と近隣の水田などに食事のため飛び立っていきます。

DSC_6940

DSC_6954

阿賀野市ホームページ「瓢湖ライブカメラ(白鳥渡来情報)」では、3分間隔で瓢湖の現在の様子を見ることや飛来数を確認できます!
今日も早朝にも関わらず、大勢の皆さんが瓢湖で白鳥を見物していたとのこと!
午前6時台にぜひ足をお運びください♪

瓢湖 アクセスマップ

<関連記事>

○あがの池公園に白鳥が飛来!@阿賀野市(2014年10月16日)
https://aganogawa.info/archives/19790
○お食事中の白鳥さんと遭遇!阿賀野川沿いの堤防ドライブ♪(2013年11月14日)
https://aganogawa.info/archives/11803
○阿賀野川河川敷・田んぼの白鳥from瓢湖をまたまた見学♪(2013年11月24日)
https://aganogawa.info/archives/12039

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク