2013年11月24日

カテゴリー:未分類

阿賀野川河川敷・田んぼの白鳥from瓢湖をまたまた見学♪

1.白鳥飛び立ち

またまた白鳥に出会いました!今度もやはり阿賀野川右岸側の河川敷です。前回記事「お食事中の白鳥さんと遭遇!阿賀野川沿いの堤防ドライブ♪」に引き続き2回目です。

新潟市北区(旧豊栄市)の岡方地区の堤外地には水をはった田んぼが多く、白鳥の格好のエサ場。ご近所の方も来られていて、まさに絶好の撮影ポイントなのだとか…。

2.白鳥集団

3.白鳥集団

一緒に撮影したそのご近所の方によれば、白鳥は人間を200m範囲内には近づけないのだそう。そういえば、私がじりじりにじり寄ってくほど、白鳥も少しずつ遠ざかっている気がします…。

4.白鳥一直線

5.ブラックスワン?

ところで、よーく見ると、真っ白な白鳥の中に、若干グレーがかった白鳥が確認できます。これは何なんでしょう? 少し汚れただけなのか、まだ若くて毛が生え換わっている途中なのか、はたまたブラックスワン?…な訳ないですし…。

6.白鳥飛び立ち

7.白鳥飛び立ち

IMG_0556

…などと考えていたら、白鳥に警戒されて、飛び立たれてしまいました!白鳥さんは遠くからそっと見守っている方が良いようです。とにもかくにも、美しい白鳥の姿を何羽も見ていると、何だかとても癒されますね!(白鳥ウォッチングは12月にも五頭自然学校さんが開催されます)

◆一般社団法人五頭自然学校
http://www.gozu-ns.org/

◆瓢湖ウィークリー(※個人の方の瓢湖観察サイト)
http://hyokoweekly.web.fc2.com/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク