2010年02月13日

カテゴリー:未分類

CSR講演会~持続可能な会社?社会?

ふれあい館では、2月9日(火)から21日(日)まで、
NPO法人新潟NPO協会さんが主催する「CSRパネル展」を開催中★
新潟県の「新潟水俣病関連情報発信事業補助金制度」を活用した企画です。

CSRパネル展

 51_2

先日の建国記念日には、立教大学社会学部教授の関先生を講師にお招きして、
新潟水俣病の教訓を生かした企業のCSRを考える講演会も開催されました。

 関先生講演

講演テーマは「持続可能な会社と地域づくりに向けて」
しかし、関先生が提案した本当のテーマ名は、
「持続可能な《会社》」ではなく「持続可能な《社会》」だったとのこと。
しかし、「持続可能な会社」の方も、「持続可能な社会」に負けず劣らず本日の講演テーマにピッタリだったという、何ともナイスな誤記でした。

学生発表 

講演の後は、新潟大学法学部のサークル「にいSR」の学生の皆さんから、パネル展に参加した企業に関するCSR調査の発表がありました。
しっかり調査してあり、プレゼンも堂々としていて、今の学生さんたちは立派だな~と感心。自分が学生だったころは…(汗)

阿賀野川流域からは、新潟市東区の一正蒲鉾株式会社さんと、阿賀町(旧鹿瀬町)の田部鉄工エンジニアリングさんが、パネル展に参加されていました。

一正蒲鉾 田部鉄工パネル

パネル展はまだまだ開催中★
興味のある方は、ふれあい館へぜひ!

◆県立環境と人間のふれあい館ホームページ
http://www.fureaikan.net/information/details.php?id=51
◆NPO法人新潟NPO協会ホームページ
http://www.nan-web.org/
◆にいSRブログ
http://blog.canpan.info/niisr/
◆新潟水俣病関連情報発信事業補助金制度
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1208451680655.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク