2012年05月14日

カテゴリー:未分類

今日は新潟市江南区小杉の法憧寺(ほうどうじ)ロバダンでした!

今日は、新潟市江南区の「法憧寺」にてロバダンでした!

DSCF3443

お相手は、小杉地区の「法憧寺」の檀家の皆さん!
生まれも育ちも小杉の方々がほとんどとのことで、昔は阿賀野川の水で米を研いだり、お風呂の水に使ったり、小どもの頃阿賀野川で水泳の授業があったなど、阿賀野川との生活史をいろいろと伺うことができました!
また渡し舟があって、向こう岸の新潟市北区太子堂の間を行き来していたとのこと。昭和20年くらいにも砂利取りもしていたなんてお話も聞けました。
新潟水俣病については「子や孫の世代までタタる」といううわさが当時あったとおっしゃっていました。

写真をご覧いただくとわかるように、お相手は10名とロバダンとしては大人数!

IMG_0110 

それでも皆さんは積極的に話しに参加してくださり、あっという間に終了時間となりました。

IMG_0106
 
帰り際、「また寄ってね」と声をかけてくださり嬉しかったな~♪

◆新潟市江南区役所ホームページ
〇トップページ
http://www.city.niigata.jp/info/konan/index.html
〇江南区歳時記 法幢寺・酒呑地蔵
http://www.city.niigata.jp/info/konan/about/saijiki/sakenomi.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク