【2020.3/15開催】五頭自然学校「暮らしの学校その3 柿仕事=柿の木の剪定講座」


五頭自然学校2019年11月10日Facebookより引用)
 

笹神村杉地区の柿農家さんで、春から晩秋にかけ枝の剪定、摘蕾摘果、樹上脱渋、収穫など数回に分けて柿仕事を教わります。自宅の庭の果樹にも応用できそう。。。
五頭自然学校ホームページより引用)

 
2020年3月15日(日)に五頭自然学校の暮らしの学校シリーズ、柿仕事第一回目である「暮らしの学校その3 柿仕事=柿の木の剪定講座 」が開催されます!自宅の果樹にも応用できるとのこと♪子ども達と一緒に柿仕事を体験してみませんか。
この剪定講座のあと、5月に摘果摘蕾、9月に樹上脱渋、11月に楽しみな収穫と続きます!
 

「暮らしの学校その3 柿仕事=柿の木の剪定講座」 開催概要

  • 開催日時:2020年3月15日(日) 午前10時半から12時頃まで (集合:10時25分)
  • 集合・解散場所:村杉うららの森駐車場(住所:阿賀野市村杉3946−163
  • 料金:大人500円、子ども・幼児参加OK(保険料、講習料込み)
  • 持ち物:軍手持参、剪定ばさみ(持っている方のみ) ※野外で作業ができる服装で来てください。
  • 申込み期限:2020年3月14日(土)午前まで
  • お問合せ・申込先:五頭自然学校(電話090-6502-5523/FAX0250-47-4425、E-mail:info@gozu-ns.org ※@マークは半角に直して送信してください)

 

アクセスマップ


 

◆五頭自然学校ホームページ

http://www.gozu-ns.org/

◆五頭自然学校facebook(暮らしの学校シリーズその3 柿仕事=柿の木の剪定講座)

https://www.facebook.com/events/551652405445866/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク