【2018.8/30~9/2開催】新潟水俣病・公害スタディツアー ユース参加者募集!


 

2015年5月31日は、新潟水俣病公式確認から50年でした。
汚染された環境は改善されて、
公害は過去の出来事とみなされつつありますが、
公害被害者の補償の問題など、未だに継続している問題があります。
公害の被害を受けた当事者は高齢化しており、当時を知る人が少なくなっています。

公害の被害とは何か、地域ではどんな葛藤が起きたのか。
過去の経験と記憶を、ユース世代の視点で聞き取り、未来に向けて発信する試みに参加しませんか?

ユース世代の感性で、公害被害地域のこれまでの歩みを再評価し、発信することで、
地域再生に関わる人々が、これから歩むべき道について、新たな視点を得ることができるかもしれません。

そして、参加したユース世代のみなさんには、
この聞き書きから学んだこと、公害地域から学んだことを生かして、
日本のまた世界の地域の持続可能性について考え、
SDGsの達成に向けて、様々な領域で行動を始めてほしいと考えています。

ぜひ、ご参加ください。
あおぞら財団ホームページより引用)

 
2018年8月30日(木)~9月2日(日)、新潟水俣病・公害スタディツアー(環境省・平成30年度ユース世代による公害体験の聞き書き調査業務)が開催されます!
20代までのユース世代(若者世代)の参加者の募集が始まっています!
なお、あがのがわ環境学舎では、2日目午前中の阿賀町鹿瀬のフィールドワーク部分をご案内させていただきます。
ご興味のある方は、ぜひご応募ください!
 

ツアー概要

  • 開催日:2018年8月30日(木)~9月2日(日)
  • 場所:新潟県立環境と人間のふれあい館、菱風荘ほか
  • 対象:ユース世代(若者世代) ※20代まで
  • 募集:20名
  • 参加費:無料(宿泊・食費。新宿から送迎バスを運行) ※新潟現地集合の場合は交通費をご負担ください。
  • 応募要件:原則、スタディツアー全日程参加、事前勉強会参加、事前レポート・事後レポート提出が条件。応募者多数の場合は、応募動機を考慮に入れて選考。
  • 事前レポート:下記3冊の課題図書のうち1冊を読み、その感想と「新潟の現場で何を学びたいか」をA4判2枚程度にまとめて、8月24日までに事務局に提出してください。
      1. 関礼子 『阿賀の記憶、阿賀からの語り―語り部たちの新潟水俣病』新泉社
      2. 斉藤恒 『新潟のメチル水銀中毒症 その教訓と今後の課題』文芸社
      3. 坂東克彦 『新潟水俣病の三十年―ある弁護士の回想』日本放送出版協会
  • 事前学習会
    1. 日時 2018年8月28日(火)10:00~15:30
    2. 場所 立教大学 5号館 5210教室
    3. 講師 関礼子先生(立教大学)、高田研先生(都留文科大学)
    4. 内容 新潟水俣病に関する講義と、参加者の問題意識の共有(グループわけ)
  • 公害スタディツアー:2018年8月30日(木)~9月2日(日)
    1. 集合・解散場所:JR新宿駅 西口工学院大学前(予定)8:00
      ※八王子からの乗車・下車も可(希望者には後日、集合場所・時間を連絡)
      ※会場の「新潟県立人間と環境のふれあい館」現地集合・解散も可能。その交通費はご負担ください。
    2. 費用:無料(宿泊・食費込み。新宿から送迎バスを運行)
    3. 主な研修会場:
      ・新潟県立環境と人間のふれあい館(新潟水俣病資料館)1階研修室
      ・菱風荘「体験蔵」
    4. 宿泊場所:菱風荘(新潟市北区前新田乙364-1) ※ふれあい館の隣
      ・基本的に相部屋です。ご了承ください。
      ・各コテージに、バス・トイレと簡単なキッチンあり。
      ・菱風荘は「体験蔵」「宿泊蔵」共にFree Wi-Fi
    5. スケジュール(予定)
      <1日目>
      8:00 新宿駅西口集合
      14:00 開会
      ・新潟県立人間と環境のふれあい館 見学
      ・公害被害者のお話
      ・新潟水俣病を診察してきた医師のお話
      夜:交流会

      <2日目>
      午前:フィールドワーク(鹿瀬周辺)
      午後:グループに分かれて聞き書き
      (患者宅、医師・支援者、弁護士、ケア施設)
      夜:グループごとに聞き書き内容のまとめ作業

      <3日目>
      午前:グループに分かれて聞き書き
      (医師、弁護士、行政)
      午後:ミニフィールドワーク
      夜:グループごとに発表準備

      <4日目>
      午前:発表会、振り返り
      14:00 閉会、現地解散
      19:30 新宿駅解散

  • 事後レポート:グループ毎に聞き書きの内容を文字起こしし、まとめて提出していただきます。(11月頃締め切り予定)
  • 申込みフォーム:https://goo.gl/bRYjRc
  • 問合せ先、事務局:あおぞら財団(公益財団法人公害地域再生センター)電話06-6475-8885/FAX 06-6478-5885/webmaster☆aozora.or.jp(☆マークを@に変更して送信ください)/担当:林、栗本
  • その他:このツアーは、環境省平成30 年度ユース世代による公害体験の聞き書き調査業務として実施します。

 

アクセスマップ


 

◆新潟水俣病・公害スタディツアー ユース参加者募集(2018/8/30~9/2)(あおぞら財団ホームページ)

http://aozora.or.jp/archives/31383
<参考>
2010年の公害スタディツアーの様子はこちら
http://www.studytour.jpn.org/niigata0_menu.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク