企画展記念講演会「北越急行の取り組み」が新津鉄道資料館で開催されます★

hokuetsu_main-1000x480
新津鉄道資料館ホームページより引用)
 
かつて阿賀野川流域の主要な交通路は河川で、大河・阿賀野川はその中心として多数の物資輸送船が往来していました。その役割は明治中盤以降、全国に敷設され始めた鉄道が代替し、特に阿賀野川流域では大正期以降、鉄道が流域各地に敷設されていきます。その後、全国的に私鉄路線の敷設ブームが巻き起こり、新潟県内でも様々な私鉄路線が走っていましたが、90年代になると衰退して、代わりに第三セクター鉄道会社が誕生して新たな動きを起こしています。
 
今回は、新津鉄道資料館で現在開催中の特別企画展「えちご私鉄浪漫」の記念講演として、北越急行株式会社・代表取締役社長の渡邉正幸さんを講師に迎えて下記のとおり開催されます!興味のある方はぜひご参加ください♪
 

講演会概要

 

アクセスマップ


 

◆新津鉄道資料館ホームページ

http://www.ncnrm.com/event/%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%B1%95%E8%A8%98%E5%BF%B5%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A%E3%80%80%E5%8C%97%E8%B6%8A%E6%80%A5%E8%A1%8C%E3%81%AE%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B5%84%E3%81%BF%EF%BC%88%E4%BB%AE%EF%BC%89/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク