企画展記念講演会「北越急行の取り組み」が新津鉄道資料館で開催されます★

hokuetsu_main-1000x480
新津鉄道資料館ホームページより引用)
 
かつて阿賀野川流域の主要な交通路は河川で、大河・阿賀野川はその中心として多数の物資輸送船が往来していました。その役割は明治中盤以降、全国に敷設され始めた鉄道が代替し、特に阿賀野川流域では大正期以降、鉄道が流域各地に敷設されていきます。その後、全国的に私鉄路線の敷設ブームが巻き起こり、新潟県内でも様々な私鉄路線が走っていましたが、90年代になると衰退して、代わりに第三セクター鉄道会社が誕生して新たな動きを起こしています。
 
今回は、新津鉄道資料館で現在開催中の特別企画展「えちご私鉄浪漫」の記念講演として、北越急行株式会社・代表取締役社長の渡邉正幸さんを講師に迎えて下記のとおり開催されます!興味のある方はぜひご参加ください♪
 

講演会概要

 

アクセスマップ


 

◆新津鉄道資料館ホームページ

http://www.ncnrm.com/event/%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%B1%95%E8%A8%98%E5%BF%B5%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A%E3%80%80%E5%8C%97%E8%B6%8A%E6%80%A5%E8%A1%8C%E3%81%AE%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B5%84%E3%81%BF%EF%BC%88%E4%BB%AE%EF%BC%89/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク