環境と人間のふれあい館が開館14周年記念講演会 「新潟水俣病が教えてくれたもの」を開催します★

fureai-kouenkai-leaflet
 
環境と人間のふれあい館が開館14周年記念講演会「新潟水俣病が教えてくれたもの」を開催します!

新潟水俣病公式確認から50年を迎え、新潟水俣病の理解とその教訓を語り継ぐための取組として、「新潟水俣病が教えてくれたもの~水俣病患者に寄り添って」をテーマとした講演会を開催します。新潟水俣病患者及び患者を支えた支援者がディスカッションを行います。皆さまのご来場をお待ちしております。(環境と人間のふれあい館ホームページより引用)

講演会概要

  • 日時:7月26日(日)13:30~15:00(受付13:00)
  • 会場:環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-(新潟市北区前新田字新々囲乙364-7
  • 内容:パネルディスカッション「水俣病患者に寄り添って」
    • コーディネーター:高野秀男さん
    • パネリスト:関川智子さん、旗野秀人さん、小武節子さん、山崎昭正さん
      ※当館語り部をされている、山崎昭正さんも参加していただくことになりました。
  • その他:参加無料・事前申込不要
  • 主催・お問合せ先:新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-(TEL 025-387-1450)

 

会場アクセス


 

◆環境と人間のふれあい館ホームページ

http://www.fureaikan.net/information/details.php?id=172

◆講演会チラシ

http://www.fureaikan.net/sysimg/topics/172.pdfPDF:151KB

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク