新潟水俣病50年企画講演会「新潟水俣病が教えてくれたもの」開催レポート!

5月5日に開催された新潟水俣病50年企画講演会について、あがのがわ環境学舎の研究員兼管理人の波多野孝さんが取材し記事にまとめてくださいましたので、ご紹介いたします!

*****************

DSC_9692

DSC_9687

2015年5月5日、新潟県、新潟市主催の講演会が、行政、教育、医療関係者等100名を超える参加者のもと、ほんぽーと中央図書館で開催された。
講師は、新潟水俣病第一次、第二次訴訟弁護団の幹事長、弁護団長として長年関わってきた、弁護士の坂東克彦さんと東北大学大学院法学研究科教授の樺島博志さん。

DSC_9696
(弁護士の坂東克彦さん)

DSC_9694
(東北大学大学院教授の樺島博志さん)

演題は「勇気を持って声をあげること、そして公害裁判へ」
熊本、新潟水俣病の概要を話す中で、裁判に至る経緯や患者の苦しみ等について、涙をにじませながら言葉をかみしめるように話が進められた。

特に、熊本の胎児性水俣病患者に想いを馳せながら、もし熊本水俣病で何らかの対策が取られていれば新潟水俣病の被害は防げたかもしれないと、痛切に語った姿が印象に残った。

DSC_9703

講演の終わりの方では、足尾鉱毒事件の解決に奔走した田中正造の箴言から、「真の文明は山を荒さず、川を荒さず、村を破らず、人を殺さざるべし」などのメッセージを、若者へのはなむけの言葉として紹介した。

文責   研究員 波多野 孝

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク