新潟県立環境と人間のふれあい館にて、パネル「阿賀野川と大地が織りなす光と影【後編】~大河と共に生きてきた半農半漁の地域~」が展示されます!

IMG_5999

H25パネル巡回展作品(影)1

10月7日(火)より、新潟市北区の「新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-」にてFM事業にて平成25年度に作成したパネル「阿賀野川と大地が織りなす光と影【後編】~大河と共に生きてきた半農半漁の地域~」が展示されます!
観覧は無料!
また館内の新潟水俣病や水環境を学習できる展示スペースも無料で見てまわることができますので、ぜひ足をお運びください!
また10月7~9日には、ちょうどパネルでも取り上げた新潟市北区高森の秋のお祭りがあり、10月9日のお昼頃には「高森いざや神楽」の舞いが高森稲荷神社に奉納されるとのことですから、現地に足を運ぶもよし、またこちらのパネルもぜひご覧いただければ幸いです☆

パネル展「阿賀野川と大地が織りなす光と影【後編】~大河と共に生きてきた半農半漁の地域~」

  • 展示期間:平成26年10月7日(火)~31日(金) ※ただし10月14日、20日、27日休館
  • 観覧時間:9時30分~16時30分
  • 会場:新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-(新潟市北区前新田(「ビュー福島潟の隣り))
  • 観覧料・入場料:無料
  • お問い合わせ
    ☆展示会・施設など ==> 環境と人間のふれあい館(TEL:025-387-1450)
    ☆パネルの内容など ==> (一般)あがのがわ環境学舎(TEL:0250-68-5424)

★会場 地図

◆新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館- ホームページ
○トップページ
http://www.fureaikan.net/
○10月7日から、パネル展「阿賀野川と大地が織りなす光と影(後編)~大河と共に生きてきた半農半漁の地域~」を開催します
http://www.fureaikan.net/information/details.php?id=173

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

掲載が大変遅くなってしまい申し訳ありませんが、2018年6月15日の19時~19時半に撮影した瓢湖のあやめ園のライトアップの様子をお届けします☆ だんだんと暮れていく様子をお楽しみください♪(今回も撮影は波多野孝さんです …

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク