2012年12月07日

カテゴリー:未分類

書籍「にいがた流域を行く」!

IMG_1256

新潟日報朝刊の広告欄をご覧になりご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
書籍「~連携を求めて、山と里と海の民~にいがた流域を行く」が発売されました☆
こちらの書籍は、新潟の豊かな水と緑を育む山里を守るため、上中下流域が連携した地域社会のあり方を求め活動している「流域交流ネットワーク」(1999年設立)のメンバー3人によって、県内各地の河川流域の“今”が書かれています。
そんな執筆者のお一人は、FM事業のワーキングチームメンバーでもあり、農民文学会員の里村洋子さん
「阿賀野川」のページをご担当され、FM事業についても記載してくださっています!!
また阿賀野川の支流である「常浪川」についても里村さんが執筆されています☆
県内の主要な書店に並んでおりますので、詳しくは出版元・新潟日報事業社(TEL:025-233-2100)までお問い合わせください♪

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク