キーワード検索: 里村

2018年10月11日

新潟県立大学「連花祭」にて「水俣フィールドワーク・ポスター写真展」+「それぞれの阿賀展」開催!

(明神岬のあこうの木〔熊本県水俣市〕/小谷一明氏提供)   新潟県立大学の学生が熊本県水俣市へのフィールドワークなどを通じて学んだ成果をポスター・写真展示にまとめ、2018年10月27日・28日に開催される学園祭「連花祭 …

(続きを読む・・・)
2013年10月21日

蒸しかまどで炊飯実演しました!新潟県立大学主催~大学生のための食育セミナー「新潟の食の魅力を知る」開催報告☆

10月19日(土)、新潟市東区の新潟県立大学にて「新潟の食の魅力を知る」が開催されました☆ 対象は、大学生の皆さん! 講師は、味噌・醤油については山崎醸造株式会社さん、郷土料理については料理研究家の石田恭子さん、お米の炊 …

(続きを読む・・・)
2012年12月07日

書籍「にいがた流域を行く」!

新潟日報朝刊の広告欄をご覧になりご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、 書籍「~連携を求めて、山と里と海の民~にいがた流域を行く」が発売されました☆ こちらの書籍は、新潟の豊かな水と緑を育む山里を守るため、上中下流域が …

(続きを読む・・・)
2012年08月03日

7月15日は龍蔵寺へ!

7月15日は、毎年恒例の阿賀町向鹿瀬の龍蔵寺の法要に行ってきました! 龍蔵寺には、草倉銅山で働いていた大親分、坑夫・坑婦、幼年坑夫・坑婦の墓地があり、弔う人のいない坑夫たちの無縁仏供養が毎年行われています。 (草倉銅山に …

(続きを読む・・・)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク