2012年11月09日

カテゴリー:未分類

阿賀野川流域イベント情報Vol. 28 新潟市江南区“「大江山地区散策マップ」を読む”&“知り尽くそう食べつくそう阿賀野川”

今回は新潟市江南区のイベント情報です!
*****************************************************
★イベント名称:「大江山地区散策マップ」を読む

大江山1

新潟市江南区の大江山地区コミュニティ協議会では「大江山こんなとこ発見」事業の継続事業として講演会を企画いたしました。
この機会に大江山の歴史の一端を聞いてみたらいかがでしょう。
皆さんの参加をお待ちしております!!

講師の金森敦子氏は、新潟県出身の作家・歴史家で、江戸時代の旅をテーマにした多数の著書があり、新潟県立図書館友の会の副会長をつとめていらっしゃいます。

大江山地区コミュニティ協議会作製の「大江山地区散策マップ」は、大江山地区を大きく3地区に分け、各地区の見所を写真入りで説明した多色刷りのきれいなマップで、講演会参加者に配布を予定しています。また大江山連絡所にも置いてあります。

〇日時: 11月24日(土) 午後1時30分~3時30分
〇場所:大江山改善センター2F大会議室
〇講師:金森敦子氏(作家 江南区沢海在住)
〇申込み:11月19日(月)までに下記にお願いします。
熊倉宗衛(☎025-276-0182、090-5753-2682)
星山和男(☎025-276-4704、090-2672-7844)
山崎明(090-7265-6515)
大江山連絡所(☎025-276-3049)
〇プログラム:
【報告会】午後1時30分~2時
「大江山こんなとこ発見」事業・水と土芸術祭の見学会の報告
【講演会】午後2時~3時30分

************************************************
★イベント名称:知り尽くそう食べつくそう阿賀野川

昔から阿賀野川の恵みも水害も受けて生活してきた横越地域。河川の怖さを知りつつ、 肥沃な河川敷からとれる農作物を味わい、防災と地域おこしを目指します。
このイベントは水と土の芸術祭2012市民プロジェクトのひとつです☆

〇日時: 11月25日(日) 午前10時~午後3時
〇場所:横越農村環境改善センター(新潟市江南区沢海3-1-30)
〇内容:
●鮭のなや汁(200名)100円・いくら丼300円(正午~)
●「阿賀に生きる」映写会 無料
●阿賀のみなも写真展 無料
●阿賀野川講演会(午後1時~) 無料
演題:「鮭と阿賀に生きる、治水やダムの問題」
講師:新潟大学名誉教授 大熊孝氏
●塩引きつくり講習会(午前11時~)3000円
※限定20名 事前申し込みが必要です(11月10日締切)
※軍手、包丁持参
※鮭は持ち帰れます!!
〇問い合わせ先:
江南区横越出張所(☎025-385-2111)
本間(090-3641-1792)

◆新潟市ホームページ
〇トップページ
http://www.city.niigata.lg.jp/
〇区役所だより こうなん 第134号
http://www.city.niigata.lg.jp/konan/kohoshi/kuyakusho/h24/konan1104/pdf/134_2.pdf
◆水と土の芸術祭2012ホームページ
〇トップページ
http://www.mizu-tsuchi.jp/
〇市民プロジェクト(江南区)
http://www.mizu-tsuchi.jp/citizen/kounan/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク