2012年11月07日

カテゴリー:未分類

新潟市江南区横越で鮭漁ロバダンを行いました!

ロバダンをしたくてもなかなか伝手のなかった横越地区でしたが、
横越商工会からご紹介いただいた皆さんからお話をお聞きすることができ、そこからさらにご紹介いただいた横越の鮭漁についてお詳しい市村さんと10月24日(水)にロバダンを開催しました!

横越の鮭はほど良い脂がのっているので大変美味しいと有名だったんだという話や、
鮭漁に使う綿の網に、強度や水きりを良くするために「柿渋」をつけていた話、
その渋柿を網元が買ってくれるため、子どもの頃は対岸の京ヶ瀬まで柿の実を探しに行ったという話、
鮭が1,000本獲れると宮司を呼んでお祝いをした話、
網につける重しとなる石は、阿賀野川が横越まで運んでくる石だと削られすぎて軽いので、もう少し上流の五泉や阿賀野市千唐仁辺りまで取りに行った話など、昭和20~30年代の鮭漁の様子が目に浮かんでくるほど♪

他にも、実際に鮭漁ではどんな役割の人達がいて、どのように漁をしていたかを描いていただいたり、

IMG_7003

網の一番中心になるところにつけていた「王べ様」を見せていただいたり…

王べ様

王べ様

私は持参したお茶菓子を食べるのを忘れるほど、あっという間に時間が経ってしまいました。

本日のロバダンのお供は、五泉市のふりあんの「帛乙女」

本日のロバダンのお供は、五泉市のふりあんの「帛乙女」

帰りには、当時の鮭漁についての記述がある貴重な書籍『阿賀の洲』を快くお貸しくださいました!

IMG_7022

そして横越の鮭漁については、次のロバダンでも貴重なお話が聞けました!
その模様については、後ほど報告いたします☆

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク