2009年05月07日

カテゴリー:未分類

【緊急告知】「とげそ米」の田植えに来ませんか!

FM委員の中村です。NPO法人五泉トゲソの会事務局を担当しています。
申込締切が今日7日までですが、「とげそ米」田植えイベントを緊急告知します! 

★「とげそ米」って何だろうか?と思われた方へのご案内です。
昨年、五泉市のトゲソという棘のある淡水魚の棲む地域に作られたお米のことです。
あえて、どんな魚かは言いません。
体長は「1メートルとも、3センチとも?」言われています。
あるいはファ-ブル先生が「レ・ザンブルグの丘」で見た魚とも?
また「ダンスする魚」とも言われています。
又の名前は「イバラトミヨ」さんとも言われており、魚か人か?わかりません。
来てのお楽しみでしょうか。

conv0001

conv0003

★詳しくは下記チラシまたはホームページをご覧ください。
※申込期日が今日7日(木)までですのでお早めに!
今回は「とげそ米」が釜炊きで食べられます。
また、今回田植えした「とげそ米」は、今年の秋に食べられます。
きれいな湧水に棲むトゲソ。
汚れた水には棲めないトゲソ。
環境の見張り番と言われているトゲソ。
そんな、きれいなところで作られるお米ですから、旨いこと間違いなし。
減々農薬米です。
愛すべきトゲソを保護するために作られた「生き物ブラント米」です。

★こだわりの人、来たれ!
(※元気玉の「怒髪天」ファンの方も、来たれ!)

 conv0004

◆詳細チラシはこちらからどうぞ!
ダウンロード:PDF形式(436キロバイト)

◆NPO法人五泉トゲソの会ホームページ
http://www.geocities.jp/gosentogeso/index.htm

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク