2009年05月07日

カテゴリー:未分類

【緊急告知】「とげそ米」の田植えに来ませんか!

FM委員の中村です。NPO法人五泉トゲソの会事務局を担当しています。
申込締切が今日7日までですが、「とげそ米」田植えイベントを緊急告知します! 

★「とげそ米」って何だろうか?と思われた方へのご案内です。
昨年、五泉市のトゲソという棘のある淡水魚の棲む地域に作られたお米のことです。
あえて、どんな魚かは言いません。
体長は「1メートルとも、3センチとも?」言われています。
あるいはファ-ブル先生が「レ・ザンブルグの丘」で見た魚とも?
また「ダンスする魚」とも言われています。
又の名前は「イバラトミヨ」さんとも言われており、魚か人か?わかりません。
来てのお楽しみでしょうか。

conv0001

conv0003

★詳しくは下記チラシまたはホームページをご覧ください。
※申込期日が今日7日(木)までですのでお早めに!
今回は「とげそ米」が釜炊きで食べられます。
また、今回田植えした「とげそ米」は、今年の秋に食べられます。
きれいな湧水に棲むトゲソ。
汚れた水には棲めないトゲソ。
環境の見張り番と言われているトゲソ。
そんな、きれいなところで作られるお米ですから、旨いこと間違いなし。
減々農薬米です。
愛すべきトゲソを保護するために作られた「生き物ブラント米」です。

★こだわりの人、来たれ!
(※元気玉の「怒髪天」ファンの方も、来たれ!)

 conv0004

◆詳細チラシはこちらからどうぞ!
ダウンロード:PDF形式(436キロバイト)

◆NPO法人五泉トゲソの会ホームページ
http://www.geocities.jp/gosentogeso/index.htm

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク