2011年10月25日

カテゴリー:未分類

秋の阿賀町上川地区~たきがしら湿原とごっつお♪

「阿賀野川え~とこだプロジェクト」ワーキングチームメンバーの里村です。
10月23日(日)に、阿賀野川の支流の常浪川の、そのまた支流の柴倉川上流にある「たきがしら湿原」に行ってきました。

たきがしら湿原の秋(圧縮版)

「え~とこだ」で、7月に蛍を見に行った時は夏草がむんむんと生い茂っている舞台の上で、数え切れないくらいの蛍たちが幻想的に舞っているのを観賞したのですが、今回は、湿原もすっかり秋の装い。静かな静かな里の秋♪というたたずまいでした。管理棟も冬仕度を始めていました。

今回訪ねたのは「流域交流ネットワーク」のメンバーたちと一緒。農業問題を、河川の上中下流域で暮らしている住民同士が連携交流しながら考えようという会。この日は阿賀野川・常浪川・柴倉川が舞台で、上川地区のお母さんたちの郷土料理もご馳走になりました。

しかみいも(圧縮版)

写真は、すっかり秋の装いの「たきがしら湿原」と、料理の一つ「しかみいも」です。「しかみ」とは「皺」の意味だそうで、春先になると、ジャガイモに「しわしわと皺がよります。それを、皮つきのまま、少し茹で、脂で炒めてから味噌・ザラメで絡めるもの。子どものオヤツとしてよく食べられたそうです。大人にはビールのツマミに最適!

おいしかったです!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク