2011年07月05日

カテゴリー:未分類

ホタル観賞♪

事務局のメグミです。
先週は阿賀野川流域で今が見頃のホタルを観察してきました!

〇7月1日(金)
 阿賀町上川地区のたきがしら湿原のホタル☆

IMG_4247

まずはホタルの生態を解説してもらいました!
ホタルは世界でおよそ2000種が生息し、日本では約50種類が確認されていて、たきがしら湿原ではゲンジボタルとヘイケボタルが見られるのだそう☆
一般的にはオスの方が運動性に優れているので飛び回り、メスはあまり動かないのだそうです。またゲンジボタルとヘイケボタルの違いは、成虫の体長がゲンジボタルの方が大きいことと、一般的にゲンジボタルは曲線的に飛び、ヘイケボタルは直線的に飛ぶとのこと。
このように実はあまりよく知らなかったホタルの生態を勉強した後、湿原に向かいました☆

暮れゆく空の下、今か今かと蛍を待つ間、湿原内を散策!

IMG_4226

こんな看板を発見しました!!
「森木田歩道」とは湿原を管理する森木田さんが作った歩道のようです。
とってもワクワクする看板ですが、辺りが真っ暗だったので、この歩道を歩くのは次回の楽しみにしておきました♪

IMG_4231

そしてとうとう20時になると、示し合わせたかのようにホタルがふわりふわりと舞い始めました♪
まるでホタルの光が星屑のよう!!こんなに多くのホタルを見たのは本当に久しぶりでした♪
しかしホタルの写真撮影は難しいですね。乱舞の様子をうまく撮影できず残念…

〇7月3日(日)
 阿賀野市笹神地区の五頭山麓うららの森のホタル☆
まずはオカリナの演奏会が始まりました♪
オカリナの音色が空高く響き渡り、梅雨空を吹き飛ばすかのようで、とても気持ちの良い時間となりました。

IMG_4243

その後、うららの森の裏手にある田んぼへ移動。
その近くにはNPO法人里山クリーン新潟の嶋岡さんが管理している粗朶(雑木林から伐採した木の枝)柵を使った小川がありました!
ここでも20時を境にたくさんのホタルが現れました♪
たきがしら湿原とは異なり、ホタルはあまり宙では舞わず、田んぼすれすれのところでキラキラと輝いていたので、まるで金銀財宝が詰まった宝箱のようでしたよ☆

おまけ↓
これは、たきがしら湿原での一枚☆
ホタルが乱舞する様子は撮影できませんでしたが、一匹のホタルが光っている瞬間を撮影することができましたよ♪

IMG_4239

ホタル観賞をすることから、阿賀野川流域の環境を考えた週末となりました☆

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク