2011年10月07日

カテゴリー:未分類

流域でのパネルの貸出希望が増えています! その7

10月9日(日)に新潟医療福祉大学大学祭「伍桃祭(ごとうさい)」で、
学生の皆さんが企画した「新潟水俣病について学ぼう!」を開催します☆
会場の前の廊下では、FM事業で作成したパネル「鹿瀬・昭和電工・阿賀野川~光と影を織りなしてきた歴史~」が展示されています。
大学祭と併せて、ぜひ足をお運びください!

「新潟水俣病について学ぼう!」
〇日時:10月9日(日)13:30~15:00
〇場所:新潟医療福祉大学キャンパス(新潟市北区島見町1398番地)
      D202(D棟 2階 エレベーター前の教室)

◆新潟水俣病と共に生きてきた人々に学ぶ
◆地域をつなぐ担い手の学生と語る
◆水俣病を未来に伝えることを考える

〇主催:新潟市
     新潟医療福祉大学 社会福祉学科 丸田ゼミ

◆新潟医療福祉大学「伍桃祭(ごとうさい)」
http://www.nuhw.ac.jp/event/festival/index.html

【メインパネル】01タイトルセピア

パネルオビ

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク