2011年09月01日

カテゴリー:未分類

立正大学の皆さんと!~雉やのお弁当♪~

8月10日(水)~12日(金)まで、なつ阿賀セミナーでもお世話になった立正大学の堀田先生率いる学生さんが、新潟水俣病を学ぶため阿賀野川流域を訪れました☆

三日間、コーディネーターを兼ねてご一緒しましたので、
その様子をシリーズでお伝えします!

まずは一日目のお昼ご飯のお話♪
せっかく新潟に来てくださったのだから美味しい新潟の食材を味わってもらいたい!ということで、「惣菜ダイニング 雉や」のお弁当を注文しました。

IMG_4467

雉やのご主人は、このお店を開く前から、新潟水俣病安田患者の会主催のお花見会や忘年会ならぬ”望年会”などに手作り惣菜を持っては駆け付けていた保苅勝さん☆
保苅さんのご実家で作られた野菜をはじめ、たくさんの食材が使われたほっこりとする美味しいお惣菜が揃っているお店です♪

お弁当のメニューは…
とうもろこしご飯、ゆで干し大根の煮物、焼イカのマリネ、おから酢の物(肴豆入り)、なすの味噌炒め、ばばきゅうりとみょうがの塩麹漬…などなど。

IMG_4471

「野菜中心でヘルシーだった」「気持ちがこもっていて、とっても美味しかった」と、
皆さんに喜んでもらえたお弁当になりました!

◆惣菜ダイニング 雉や
住所:新潟市中央区東中通2番町280番地 新潟時報会館1階
電話:025-225-5157

立正大学の皆さんと!~雉やのお弁当♪~ 1件のフィードバック

  • 事務局スタッフ様のコメント: 2011年9月6日

    新潟水俣病安田患者の会(旗野秀人さん)が主催する“望年会”は、「年を忘れる」ではなく、「翌年に希望を持つ」宴会なのです☆

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク