【2021.2/20~3/21開催】享保雛 展示@新潟市江南区・北方文化博物館


北方文化博物館ホームページより引用)
 

今年も大広間にて、北方文化博物館の代表的な所蔵品の一つ「享保雛(きょうほうびな)」を展示します。この享保雛は七代目伊藤文吉によって昭和19年ごろに京都から購入されたお雛様です。終戦後に伊藤家を博物館として残す構想を温めていた七代文吉によって、陳列用に迎えられました。
江戸時代の享保年間(1716~1736)ごろに盛んに作られたものを享保雛と呼ぶことが多いですが、その特徴は面長で大型、華やかな衣裳などが挙げられます。当館の享保雛は約60㎝の大きさに加え、衣裳にあしらわれたビロード生地なども見どころです。
同時に、京の豆人形コレクション、江戸後期の五人囃子 なども展示致します。
※展示は全て展示ケースにて行います。
北方文化博物館ホームページより引用)

 
2021年2月20日(土)から3月21日(日)まで、新潟市江南区の北方文化博物館では、享保雛の展示が開催されます!
ぜひご覧ください!
 

開催概要

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク