※中止になりました【2020.3/8開催】福島潟交流集会「これからの福島潟の活用を大胆に考える」

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止になりました。

 
 

特定非営利活動法人ねっとわーく福島潟ブログ「潟にはまって さあ大変!」より引用)
 

福島潟では現在、河川の水門工事、潟北部の拡張工事が進んでいます。
今後は造成する遊水地や堤防の整備、遊歩道などの工事も進められるものと思われます。
262haに拡大される福島潟全体を利用した活用を進めるにはどうしたらよいでしょう。
健康増進や高齢者対応、観光地としてのあり方は?など、新たな潟の価値や魅力を引き出しましょう。
特定非営利活動法人ねっとわーく福島潟ブログ「潟にはまって さあ大変!」より引用)

 
2020年3月8日(日)、新潟市北区の水の駅「ビュー福島潟」にて、福島潟交流集会「これからの福島潟の活用を大胆に考える」が開催されます!
様々な観点から今後の福島潟の活用について意見交換しましょう!
 

イベント概要

  • 開催日時:2020年3月8日(日) 13:00~16:00
  • 会場:水の駅「ビュー福島潟」6階展望ホール(新潟県新潟市北区前新田乙493
  • 料金:無料(※要事前申し込み)
  • プログラム
    ○福島潟を空中散歩 ~ドローン映像~
    ○拡張工事の進捗状況と完成後の潟の概要
      新潟県新潟地域振興局 地域整備部治水課 坂井浩 様
    ○今後の潟利用について(夢も含めて提案)
       ・健康づくりの福島潟 
       ・自然学習園の活用(潟来亭~雁晴舎)
       ・潟外周の活用 
       ・道の駅構想と地域PRで観光客の倍増 などを準備中 
    ○フロアーを含めた意見交換
  • 主催・協力:NPO法人ねっとわーく福島潟・水の駅「ビュー福島潟」
  • 申込み・問合せ:水の駅「ビュー福島潟」(電話025-387-1491)/ねっとわーく福島潟 (電話025-387-0284)

 

アクセスマップ


 

◆特定非営利活動法人ねっとわーく福島潟ブログ「潟にはまって さあ大変!」

https://network-fukushimagata.at.webry.info/202002/article_1.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク