【2019.9.23開催】関東地方ESD活動支援センター 地域意見交換会in新潟「ESDの今、これから」 

関東地方ESD活動支援センターHPより引用)
 

 関東地方ESD活動支援センターでは、ESD(Education for Sustainable Deveropment=持続可能な開発のための教育)の推進を図るための意見交換会を実施しています。令和元年度は、新潟県において「地域ESD活動推進拠点」の取組み紹介を行うとともに、新潟県内でESDを共に推進する方々との意見交換の場として開催します。教育ご関係者、行政、企業、NPO、学生をはじめ、ESDやSDGsにご関心のある方のご参加をお待ちしております。
関東地方ESD活動支援センターHPより引用)

 

関東地方ESD活動支援センター 地域意見交換会in新潟 「ESDの今、これから」 概要

  • 開催日:2019年9月23日 (月・祝)
  • 場所:新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-(住所:新潟市北区前新田364-7(「ビュー福島潟の隣り)
  • プログラム
    • 【第一部】10:30~12:30
      〈モデル授業〉
      ・「阿賀野川流域地域の光と影を通じたESD-SDGs」教材化プロジェクト
       紙芝居を使った模擬授業/(一社)あがのがわ環境学舎
      〈施設見学〉
      ・新潟県立環境と人間のふれあい館・館内見学

      12:30~昼食休憩(福島潟自然文化祭の出店等をぜひご利用ください!)

      【第2部】13:30~16:30
      〈地域ESD活動推進拠点の取り組み紹介〉
      ○学校法人 日本自然環境専門学校
      ○新潟市水族館マリンピア日本海
      ○公益財団法人 鼓童文化財団
      ○(一社)あがのがわ環境学舎
      〈意見交換〉
      ・「地域でESDを進めるには?」

  • 参加費:無料(要申込み)
  • お申込み先:下記のいずれかにお願いします。
    1. WEBの方:お申込みフォーム
    2. FAXの方:チラシ(PDF:487KB)の必要事項をご記入の上、03‐6427‐7976までお送りください。
  • 注意事項
    ①開催日当日は、会場周辺地域で「福島潟自然文化祭」が実施されており、多くの人出が見込まれます。できるだけ公共交通のご利用をお願いいたします。
    ②「環境と⼈間のふれあい館」は館内飲食ができませんので、お弁当をご持参の方は近隣の公園等をご利用ください。また「福島潟自然文化祭」では飲食ブースが設けられますので、併せてご利用ください。
  • 交通アクセス
    1. 第1部よりご参加の方
      【お車でお越しの場合】環境と人間のふれあい館の駐車場をご利用ください。(先着10 名様)
      ※駐車証を発行しますので、お申込み時に車種とナンバーをお知らせください。

      【白新線豊栄駅よりお越しの場合】無料の送迎タクシーをご用意をしますので、10:00までに豊栄駅南口のロータリーまでお越しください。

    2.  

    3. 第2部よりご参加の方
      【お車でお越しの場合】「福島潟自然文化祭」用臨時駐車場が、「豊栄総合体育館駐車場」及び「北区文化会館駐車場」に設けられ、シャトルバスが運行されます。
      ♦豊栄総合体育館⇔水の駅「ビュー福島潟」駐車場(10:30~ 15分間隔)♦

      【白新線豊栄駅よりお越しの場合】南口のロータリーより「福島潟自然文化祭」のシャトルバス(10:30~ 30分間隔)にご乗車いただき、「ビュー福島潟」駐車場で下車→徒歩

  • 主催:関東地方ESD活動支援センター
  • 共催:学校法人専修学校 キャリアテクニカ学園 日本自然環境専門学校
  • 問い合わせ先: 関東地方ESD活動支援センター(関東ESDセンター) 担当:伊藤、島田(TEL:03-6427-7975)

 

アクセスマップ


 

◆関東地方ESD活動支援センターホームページ

https://kanto.esdcenter.jp/rm-niigata_190923/
○地域意見交換会in新潟「ESDの今、これから」チラシ(PDF:487KB)
https://kanto.esdcenter.jp/wp-content/uploads/sites/4/2019/08/kanto-esd_niigata190923.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク