2018.12.27まで開催中!〈雑木の器・るるの小屋〉展@ビュー福島潟1階ビューショップ


ねっとわーく福島潟ブログより引用)
 

阿賀町に工房 るるの小屋 を構える山崎修さんは、「雑木に第二の人生を」 と 処分されたり伐採された木材を、その性質や節の位置などを確認しながらろくろで削り出し、ひとつひとつ個性の異なる器に生まれ変わらせます。
器を手にした時の 木の暖かさ、重みなどを 感じていただけることと思います。
ねっとわーく福島潟ブログより引用)

阿賀町三川地区にある工房「るるの小屋」の<雑木の器>作品展示&販売が、新潟市北区「ビュー福島潟」1階ビューショップにて行われています♪
作り手は、山崎修さん(映画『阿賀に生きる』の撮影助手をやられておりました!)★
2018年12月27日(木)まで開催中(12月25日休館)ですので、ぜひお出かけください!
 

展示概要

  • 展示期間:2018年11月1日(木)から12月27日(木) 9時~16時半
  • 休館日:月曜休館(休館日が祝日の場合は翌日)
  • 会場:水の駅「ビュー福島潟」 1階ビューショップ(住所:新潟市北区前新田乙493番地
  • 展示内容・作家
    ☆雑木の器・山崎修さん
  • お問い合わせ:NPO法人ねっとわーく福島潟(電話:025-387-0284)

 

アクセスマップ


 

◆工房るるの小屋 ホームページ

http://rurunokoya.web.fc2.com/index.html
 

◆NPO法人ねっとわーく福島潟ホームページ

http://www.geocities.jp/fukusimagata/
 

◆ねっとわーく福島潟ブログ「潟にはまって さあ大変!」

https://network-fukushimagata.at.webry.info/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク