2018.12.27まで開催中!〈雑木の器・るるの小屋〉展@ビュー福島潟1階ビューショップ


ねっとわーく福島潟ブログより引用)
 

阿賀町に工房 るるの小屋 を構える山崎修さんは、「雑木に第二の人生を」 と 処分されたり伐採された木材を、その性質や節の位置などを確認しながらろくろで削り出し、ひとつひとつ個性の異なる器に生まれ変わらせます。
器を手にした時の 木の暖かさ、重みなどを 感じていただけることと思います。
ねっとわーく福島潟ブログより引用)

阿賀町三川地区にある工房「るるの小屋」の<雑木の器>作品展示&販売が、新潟市北区「ビュー福島潟」1階ビューショップにて行われています♪
作り手は、山崎修さん(映画『阿賀に生きる』の撮影助手をやられておりました!)★
2018年12月27日(木)まで開催中(12月25日休館)ですので、ぜひお出かけください!
 

展示概要

  • 展示期間:2018年11月1日(木)から12月27日(木) 9時~16時半
  • 休館日:月曜休館(休館日が祝日の場合は翌日)
  • 会場:水の駅「ビュー福島潟」 1階ビューショップ(住所:新潟市北区前新田乙493番地
  • 展示内容・作家
    ☆雑木の器・山崎修さん
  • お問い合わせ:NPO法人ねっとわーく福島潟(電話:025-387-0284)

 

アクセスマップ


 

◆工房るるの小屋 ホームページ

http://rurunokoya.web.fc2.com/index.html
 

◆NPO法人ねっとわーく福島潟ホームページ

http://www.geocities.jp/fukusimagata/
 

◆ねっとわーく福島潟ブログ「潟にはまって さあ大変!」

https://network-fukushimagata.at.webry.info/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク