第23回福島潟フォトコンテスト入賞作品展@水の駅「ビュー福島潟」

s-A01kitsuweb
(第23回福島潟フォトコンテスト最優秀賞「野外授業」木津則元さんの作品。ビュー福島潟ホームページより引用)

毎年数多くの作品が寄せられる福島潟フォトコンテスト。
今回は532点の応募の中から、米美知子氏が厳正に選考した入賞作品38点を一堂に展示します。
ビュー福島潟ホームページより引用)

新潟市北区の福島潟を題材にした「第23回福島潟フォトコンテスト」の入賞作品展が、本日3月18日(土)から5月7日(日)まで開催中です!
さらに、3月25日は福島潟の春の風物詩・ヨシ焼きもあるとのことです!(天候によっては中止・延期の場合がありますので、最新情報はビュー福島潟ホームページにてご確認ください!)
春を感じる福島潟の散策も兼ねて、ぜひお出かけください♪

展示概要

  • 展示期間:2017年3月18日(土)~5月7日(日) ※休館日/月曜(祝日の場合は翌日)
  • 展示時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
  • 会場:水の駅「ビュー福島潟」 5階企画展示室(住所:新潟市北区前新田乙493
  • 入館料:一般400円/小中高生200円(ビュー福島潟年間会員は無料)
  • お問い合わせ先:水の駅「ビュー福島潟」(電話025-387-1491)

アクセスマップ

◆水の駅「ビュー福島潟」ホームページ

http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/event/kikakuten/23rd_photo_con_taishouten/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク