2011年02月21日

カテゴリー:未分類

講座 こぼれ話3 講座に来れば楽しめる☆阿賀のごっつお巡りレポート

平成21年3月からこれまで、計6回開催してきた地域再発見講座「阿賀野川ものがたり」。
講座には欠かせない、地元自慢の「阿賀のごっつお」をまとめて振り返ってみました♪
さて、来年度開催予定の次回の講座では、どんな「阿賀のごっつお」が登場するのか、講座のテーマと合わせて、お楽しみに!

第1回講座

100_5552(2) 

『阿賀野川弁当』
道の駅阿賀の里さん特製の弁当。
鯉の洗い、鮎の塩焼き、三川豆腐コロッケ、メダカの佃煮、川ガニ汁など、阿賀の恵みぎっしり☆

第2回講座

IMGP1454

『ニシンや豆腐の糀漬、糀の甘酒』
山崎糀屋さん提供。東蒲原の発酵文化を代表する食品の数々。豆腐の糀漬が珍しい!
『荒沢こんにゃく』
鹿瀬の荒沢集落に住む母ちゃん達が丹精込めて作ったこんにゃく。

第3回講座

IMG_2488

『オランダ焼』
今はなき旧安田町の和菓子名店「金水堂白根屋」さんの銘菓を「くるり しょこら亭」さんが今に甦らせた珠玉の一品。

第4~6回講座

DSCF0495(2) 

『黒米の三色団子』
いろり塾さん提供。古代米の一種「黒米」でつくった、食品添加物ゼロの珍しいお団子に、小豆餡・きな粉・黒ゴマをまぶしていただきます。
黒米は白米と比べて栄養分が豊富、特にポリフェノールは血液をサラサラに。(講座 こぼれ話2もご覧ください☆)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク