【2017.10.1まで】写真パネル展「写真で旅する 阿賀野川流域の今と昔 光と影」@新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-!

名称未設定-1web

阿賀野川の上流から下流に至る各スポットを、今の写真と昔の写真を比べながらたどる、ありそうでなかった新しい写真展。
過去から現在へ連綿と続く光と影をご覧ください。

IMG_9179web

IMG_9184web

写真パネル展「写真で旅する 阿賀野川流域の今と昔 光と影」 展示概要

  • 展示期間:2017年9月6日(水)~10月1日(日) ※9月11日(月)、9月19日(火)、9月25日(月)休館
  • 観覧時間:9:30~16:30
  • 展示会場:新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-(住所:新潟市北区前新田364-7(「ビュー福島潟の隣り)
  • 料金:観覧無料・入場無料
  • 「光と影 阿賀野川流域の旅~新潟水俣病を通して(15分)」映像上映会:2017年9月16日(土)・17(日) 10:00~12:00
  • 主催:新潟県(新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-)
  • 企画:一般社団法人あがのがわ環境学舎
  • 協力:山口冬人氏(JPS公益社団法人日本写真家協会会員)
  • お問合せ:県立環境と人間のふれあい館(TEL025-387-1450)

本写真パネル展 写真撮影者(現代写真部分)プロフィール

IMG_3811web

写真家・山口冬人 氏(JPS公益社団法人日本写真家協会会員)
 阿賀野川上流域を中心に、自然豊かな美しい山河を見守り続けてきた写真家。阿賀町津川に在住し、「写真工房・冬人」を営む。2009年に写真集「奥阿賀の魅力 水と緑と雲海の阿賀路」を上梓した。
 本写真展における現代写真の大半は、同氏がこれまでに撮影した写真からセレクトされた。

「イギリスの女性旅行作家イザベラ・バードが津川に来たのが明治初期のこと。悪路の峠を幾つも越えて津川に着いた。津川から船で新潟に向かう。バードはその船旅の風景を『まるで廃墟無きライン川で、そこよりも美しい』と絶賛したのが阿賀野川流域の風景だった。私のテーマのひとつがこの美しい阿賀野川です」(山口冬人)

アクセスマップ

◆新潟県立環境と人間のふれあい館ホームページ

http://www.fureaikan.net/

◆写真パネル展「写真で旅する 阿賀野川流域の今と昔 光と影」 チラシ(PDF:706KB)

https://aganogawa.info/wp/wp-content/uploads/2017/09/fuyuto-fureaikan-omote.pdf

◆山口冬人氏 ブログ

http://yamaguchifuyuto.blog.so-net.ne.jp/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

掲載が大変遅くなってしまい申し訳ありませんが、2018年6月15日の19時~19時半に撮影した瓢湖のあやめ園のライトアップの様子をお届けします☆ だんだんと暮れていく様子をお楽しみください♪(今回も撮影は波多野孝さんです …

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク